2005年 03月 19日
リーガエスパニョーラ(デポル戦)
バルサ首位独走中。
2位のヘッポコ銀河系ガラクタコ白軍団に11ポイント差をつけている。
残り10試合。7勝3敗でもok。
そして本日一つのヤマ、
デポルティーボ・ラコルーニャとの敵地リアソールでのアウェイ戦。
ラコルーニャという響きがかわいいと以前ハルママが言っていたのを
思い出したが、このラコルーニャの地にあるリアソールというスタジアムは、
リアス式海岸のリアスの意味であるが、正に海岸の横にある。
空中写真で見たことがあるが、とても綺麗な光景である。
しかもこの地方は食べ物もおいしく、
町並みは大都会ではないゆったりとした雰囲気を持っていると、
かの杉山茂樹氏のお気に入りの町の一つらしい。
そしてその地をホームとするデポル。
このチーム、実はバルサの次に好きなチームだ。
流行の4-2-3-1システムをいち早くスペインで導入し、
唯一完全に熟成させたチームである。常にピッチ上で三角形を作りやすく
(パスの出しどころを多く持てる)、サイドはワイドに広がり、
センターフォワードはどっしりと真中にいる。
ディフェンスラインを浅く保ち、2枚縦に並ぶサイドの選手の連携を強く保つ。
このシステムを長く採用しているこのチームのパスワークは、
はまった時はこの上なく美しい。
ただ残念ながら、監督が長い間同じで、選手もほとんど長く変わらない。
マンネリというのか、老いというかの分からないが今は低迷している。
つい2年前は優勝争いをしていたのに。
ただ、このチーム、ホームでは強いのです。
去年バルサはリアソールで勝ちはしたけど、
過去10回(10年)2勝7敗1分で、分が悪い。

低迷しているとはいえ侮るなかれ。
白軍団が精神的に脆くなっている今こそ、
手綱を緩めることなく突き進むのだ。
サンジャウマ広場での歓喜まで、
とにかく突っ走れ!FCバルセロナ。
[PR]

by fez_maroc | 2005-03-19 14:14 | 【バルサ】


<< 福岡って地震ないんじゃないの?      CL回顧と「美しく勝利せよ」批判 >>