2005年 05月 04日
初節句前に流血
生まれて2度目の流血。初節句を前にして。
流血ハル
ハル家では、リビングの出入り口に、
つっかい棒をしている。
もちろん、ハルがそこから出ないようにだ。

今朝、ハルママは掃除のため、
私は明日の準備のため、
その出入り口の外にいた。
超ご機嫌だったハルは、
そのつっかい棒の付近で遊んでいた。

別の部屋であるがすぐそこにいる私とハルママを追っかけ、
彼はそのつっかい棒を超えたかったのだろうか、
そのつっかい棒に全体重を預けた瞬間、
つっかい棒が外れ、
床に口から倒れた。

またもや口から流血。

「ごめんね。ごめんね」と駆け寄るハルママと私をよそに
ハルは大泣きしたが、
ほどなく、血が止まり、泣き止んだ。

しかし、明日、何かと撮影会になると予想されるのに、
ハルは、上唇を腫れあがらせてしまった。

いまも腫れている。

『追伸』
今日高校の友達が遊びにきた。
ハルはかなり大泣きして友人を警戒していた。
先日私の父が来た時も大泣きした。
明日、じいじ、ばあば、姉が来る。
またもや大泣きするに違いない。
「ハル君!みんなショックを受けるんだから、
あんまり泣くなよ」
[PR]

by fez_maroc | 2005-05-04 23:55 | 【ハル】


<< 初節句      あまおうのやま >>