2005年 05月 09日
M1
本日早朝、バルサは難敵バレンシアを2-0で粉砕。
食い下がるメレンゲマドリとの勝ち点差6をキープ。
残り試合共に3つ。
バルサとマドリの直接対決の結果でバルサは優位にいるため、
勝ち点同数でもバルサの優勝。
ということは、マジック1。
バルサはあと1回勝てばいい。
3試合とも引き分けでもいい。

1月に0-3で敗北を喫しているビジャレアルとの対戦が控えているので、
次節のレバンテ戦で早々に決めたいところ。

マドリは、次節に現在3位セビージャと対戦。
その次はマドリードダービーでアトレティコ戦を控えている。

故障者が続々復帰しているバルサ。
ここ数週間、土曜日にマドリの試合があって、日曜にバルサの試合があるという、
要は、マドリの結果を知って戦うというプレッシャーにも全く動じず、
冷静にそして熱く、慎重に勝利を重ねるバルサ。

今のバルサの精神的充実度を考えれば、
サンジャウマ広場で歓喜に沸き返るバルセロナ市民の様子は想像に難くない。

ほんの少しだけ気がかりは、
難敵バレンシアを粉砕した直後、
バルサの選手が歓喜に浸ったこと。
プレッシャーを考えれば当然だが、気が緩まないことを望む。

そこは、おごりを知らない謙虚な人格者ライカールト監督が上手く
コントロールするだろうけどね。
[PR]

by fez_maroc | 2005-05-09 12:34 | 【バルサ】


<< adidasとpuma      潮干狩り >>