2005年 06月 20日
叱ることの認識
ハルはよくお皿をひっくり返す。おかずが入ったままで。
これまでは「ダメだよ。こぼれちゃうよ」とハルママが教えていた。
そして今朝、私が、「あー、コラー、こぼれるでしょ!」と声を上げた。
私としては、叱ったつもりは無いが、いつもより大きな声で突然発した。

ハルはしばしじっと口をへの字にしてこちらを見ていて、
それから大声で泣きだした。

ハルは初めて、「叱られた」ということを認識した。
私は初めて、ハルが叱られたと認識する度合いを認識した。
どの程度の言い方だと子供は叱られたと認識するのかは、
親側の基準では通用しない。
こちらは強く叱るつもりは無くても、日頃彼が期待する私の対応と大きく違えば、
それは叱られたことになる。

叱り方。難しいが避けられない問題が始まった。
[PR]

by fez_maroc | 2005-06-20 12:43 | 【ハル】


<< 時間は自ら管理するもの?      ギリシャ戦 >>