2005年 09月 06日
メッシー問題
バルサの若木メディアプンタ、リオネル・メッシ-契約が問題となっている。
メッシはアルゼンチン人で、
ディエゴ・アルマンド・マラドーナ本人が「自分に良く似ている」と認める逸材。
まあ、愛すべきディエゴは、
何かにつけて、
「彼が最高の選手だ」「私に似ている」「彼のプレーなら金を払ってでも見たい」
などと、ロナウジーニョやアイマールなど現役選手を評することが多い。
メディア向けコメントかもしれない。

しかしながらメッシは、
ディエゴが日本でのワールドユースで優勝とMVPを獲得した経緯をことを考えると、
ディエゴのような大スターになる可能性がないとも言えない。

そんなメッシに他のビッグクラブの触手が伸びようとしている。
スポナビの記事のとおり、
外国人登録枠、未成年であるため両親のサインが必要だが父親の分しかないという
不完全な契約、移籍金ゼロであることなどにより、バルサにしてみれば危うい状況だ。

移籍金ゼロということは、他のクラブはメッシの年俸を考えればいいだけで、
バルサに実入りがない。
憎たらしいモウリーニョ率いるチェルスキーのアブラがメッシをたぶらかしたら・・・
マドリッドのメレンゲクラブのペレスがメッシの親に大金をちらつかせたら・・・

もしもロナウジーニョがいなくなった場合、
彼の代役はメッシが果たせるのではないかとさえ思えるほどに期待されているが、
いまの状態をメッシ本人も不安に思っているだろう。
「バルサを出て行くつもりはない」とのメッシのコメントもあったようだが、
なんとか彼が安心してカンプノウでプレーできるよう、
バルサは完全なる契約を急ぎ、メレンゲ→マジョルカ→バルサと
長年リーガでプレーしているエトオが早くEUパスを取ることが望まれる。

ようやくプジョーの契約延長(2010年まで)も完了し、
ライカールトの契約も落ち着く見とおしとのことだから、
これまでの順調な契約更改同様、
早くスッキリさせたいものだ。
[PR]

by fez_maroc | 2005-09-06 23:20 | 【バルサ】


<< 従兄弟      うきうき台風 >>