2005年 09月 22日
むむう バレンシア戦
苦しい試合だった。よくエンパテ(ドロー)まで持ち込んだ。
解説の信藤さんは、昨シーズンと比べて、バルサのパススピード、流動性の減退に
しきりに言及した。
個人的には、減退したとは思えず、
むしろ、バレンシアがバルサを研究している結果だとの結論だ。
いずれにせよ、攻撃に関しては別の攻撃パターンを習得する必要がありそうだ。
守備に関しては、中盤のプレスが効かなかったとは言え、
失点は、不運なPKとGKバルデスのクリアが相手FWにあたってゴールになるなどで、
崩壊したわけではないと考える。

次はベティス。
これもやっかいだ。
[PR]

by fez_maroc | 2005-09-22 12:20 | 【バルサ】


<< wajiro 実現?      さあバレンシア戦 >>