2005年 11月 21日
Clasico 05-06 2005/11/19 虚しいクラシコ
強烈なメンタリティあってこそのエル・クラシコだ。

バルサの圧勝に終わったクラシコだった。
ボールポゼッションで全く負けなかった。
バルサのパスワークは、最前線までほぼワンタッチで行われる。
相手のプレスに引っかかる前にボールが回るのであるから、
パスの出し手も受けてもフリーなスペースを常に探すことになる。
全員がパスを受ける前にフリーなスペースを確認しているため、
ボールが自分のところに来た時には次のパスコースの選択肢は把握できている。
これは日々の鍛錬と認識の共有が前提となるが、
今のバルサには誰にとっても当然の作業として受け入れられている。
そんなバルサのパスワークが、ただでさえプレスの緩いマドリーの網にかかるわけが無い。
そのパスワークはもう一列前でも華麗に展開した。
キレキレのチャビを中心にロニー、メッシ、エトオが動き回る。
アタックの段階では、彼等のスピードあるドリブルが炸裂する。

マドリのボランチのパブロガルシアは頑張った。カシージャスもさすがだった。
しかしそれだけだった。セルヒオラモスとエルゲラはスピードがない。
ベッカムはスタミナだけではどうにもならなかった。

逆に守備では、デコらの前線からのプレスとエジミウソンやマルケスの読み、
そして、プジョルの集中力でピンチらしいピンチは無かった。
ロビーニョは時折バルサDF陣を慌てさせた。しかし孤立していため脅威ではなかった。
ジダンの誰も奪うことが不可能だったキープ力は影を潜め、
奪われた挙句に、奪った相手を抱きかかえてファールする始末で、
ロナウドもほとんどボールを触ることができず二人とも全くバルサDFを慌てさせなかった。
ベッカムの右足は、ボランチだったためクロスを上げることはなく、
バルサが中盤でボール奪取するためFKで真価を発揮することも無かった。
精力的に動いていた右サイドバックのサルガドはジオが抑え、
逆にロナウジーニョをフリーにさせた。
結局バルサはマドリーになにもさせなかった。

3-0の圧勝で勝つには勝った。もっと点は取れたかもしれない。
しかし、見ていて熱狂することは無かった。
クラシコはリーガの最強チームを決する戦いと言ってもいい。
その時点での順位は関係なく、意地をぶつけ合い、技を競い、
サポーターに幸福感を提供するものだ。
チームとして圧倒的に機能したバルサが強かったのではあるが、
今回のクラシコに決定的に欠けていたのはマドリーのメンタリティ、言い換えれば“意地”だ。
昨年の優勝パレードでエトオが叫んだ「マドリーよ、チャンピオンに挨拶しろ!」との暴言は
マドリーの選手とサポーターの尻を叩いた。確かにエトオのゴールまでは意地が見えた。
しかし、それ以降はぷっつり消えた。

マドリーの意地の欠落がクラシコにむなしさを与え、
マドリーのサポーターがロナウジーニョのプレーにスタンディングオベーションを行うという
歴史的行為を促した。
マドリーのサポーターの行為は、
マドリーの気持ちの無さに対する失望の表れにしか見えなかった。

************************************************
はーはははは。でもこれで首位にたったもんねえ。
マドリーももうお終いやろ。
バレンシアは内紛気味だし、オサスナにはこの間勝っているし、
セルタは怖るるに足らずだ。
このまま絶好調でいくぞい。
c0067074_20401475.jpg

バルサ左からロニー、デコ、エトオ、チャビ

c0067074_20402386.jpg

ずばっとロニー
[PR]

by fez_maroc | 2005-11-21 20:41 | 【バルサ】


<< 鶴を折れますか?      天ぷら ひらお >>