2005年 12月 18日
C/L決勝トーナメント1回戦対戦カード決定
先日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦対戦カードが発表された。

チェルシー(イングランド) - バルセロナ(スペイン)
レアル・マドリード(スペイン) - アーセナル(イングランド)
ヴェルダー・ブレーメン(ドイツ) - ユヴェントス(イタリア)
バイエルン・ミュンヘン(ドイツ) - ミラン(イタリア)
PSV(オランダ) - オリンピック・リヨン(フランス) アヤックス(オランダ) - インテル(イタリア)
ベンフィカ(ポルトガル) - リヴァプール(イングランド)
レンジャーズ(スコットランド) - ビジャレアル(スペイン)

まあ見てのとおり。
昨年に続いて、バルサVSチェルスキーが1回戦で実現。
また、PSVvsリヨンも昨年の準々決勝と同じ対戦。

先日の、W杯ドイツ大会の予選リーグ組み合わせでも、
「アルゼンチンvsオランダ」、「ブラジルvsジーコ」(世界的には”日本”というより、
ジーコvs母国でしょ)、「エリクソン(イングランド)vsスウェーデン」・・・、
リベンジマッチだったり、因縁のある対戦だったり、話題性のある対戦が多くあった。


まあ、C/Lは各国リーグの上位チームが集まってやる大会だから、
おおよそ常連が集まるわけだから、
昨年の再戦が今年実現するなんてことは当然よくある。
しかし、今回のC/Lは誰が仕組んだか分からないが(神様?UEFA?)、
これほどまでに直球ど真ん中をついたカードはないね。

あまりの力の差のためへっぽこ化しつつあるクラシコよりも、
2月と3月に行われるC/L1回戦のほうがオモシロイかもね。

バルサは来年のトヨタカップに来る予定だから、
モウリーニョチェルスキーなんかかるーく捻ってやるんだけど、
スタンフォードブリッチの滑りやすいピッチの対策はしておいたほうがいいね。

あと、バイエルンVSミランもよさげ。
[PR]

by fez_maroc | 2005-12-18 23:44 | 【バルサ】


<< カディス戦 3-1      坂本龍一 PLAYING TH... >>