2006年 01月 10日
エスパニョール戦 2-1
全体的に苦戦したという印象。

エスパニョールの中盤のプレスはかなり効いていた上、
バルサの華麗なパスワークを支える2列目に
どちらかというと守備的なモッタが入ったことにより(ほとんどボランチのポジショニング)、
攻撃パターンがデコに集中した。
さらに、ロナウジーニョはエスパニョールのアルマンド・サに抑えられ、
彼が放つパスはほとんどカットされる。
エトオの得点シーン以外は何も出来なかったと言ってもいい。

そんな中でメッシとデコは攻撃においていつもどおりの働きをした。
メッシが抜けてループシュートを打った時(デラペーニャがメッシの胸座を掴んだときね)
の彼の飛び出しとデコのスルーパスは見事だった。
パスを出した時のデコの体勢がかっこよくてたまらんね。
またデコは相変わらずフォアチェックに抜かりはなかった。

でもな、大きな影響は出てないけど、チャビの負傷離脱は大きいな・・・。

【試合中の各シーンについて】
○モッタはもう少し自分で行く姿勢が欲しかった。「行け!」という場面でパスを出しすぎ。
○ベレッチのどフリーシュートのシーン。
  ミスったかとも思わせるほど大胆な空振りフェイントは良かったものの、
  その後のシュートはループにして欲しかった。
○相手GKがペナルティエリア外に飛び出して弾いたこぼれ球がデコの元に届いたシーン。
  右のアウトフロントではなく、インサイドキックで丁寧にシュートして欲しかった。
  過信かもしれないけど、あれは私でも決めれたぞ。
○ロナウジーニョは、試合終了後のユニフォーム交換の際、
  もらった相手のユニフォームを着ずに上半身裸でうろちょろするが、
  それどころか、ユニフォームのパンツを少し下げる。癖なのでしょうが、ちょっと危ない。


まあ、これで公式戦15連勝。クラブ記録を更新中であり、マドリのリーガ記録に並んだ
っちゅうことでよしとすべし。
オサスナは今節は引き分けたけどなかなか崩れんな。

<バルセロナ>
ビクトル・バルデス、ベレッチ、オレゲール、プジョール、ファン・ブロンクホルスト、
エジミウソン、モッタ(→イニエスタ・86分)、デコ(→ファン・ボメル・57分)、
メッシー(→ラーション・78分)、ロナウジーニョ、エトー

<得点>
0-1 44分 デコ(バルセロナ)
0-2 47分 エトー(バルセロナ)
1-2 60分 タムード(エスパニョール)
[PR]

by fez_maroc | 2006-01-10 21:21 | 【バルサ】


<< 近頃のハル      Real Club Depor... >>