2006年 01月 12日
マニアックと呼ばれる快感
「マニアック」と呼ばれることは、
人によって、あるいは物事によっては「不快」と感じることもあるだろう。
しかし、どうやら私は「快感」を覚えるようだ。

先日、サッカー本をamazonで4冊購入。
1つはエンブレムについて、1つはユニホームの由来等について、
残りは名言集と過去10年の欧州クラブデータ集。

エンブレムの本は面白いぞ。
エンブレムの中に描かれているものの意味を逐一説明されている。

これでまたも、マニアックな知識を蓄積していくことになる。
マニアックで、且つ「へぇー」との反応を頂くような知識は、
その分野における自尊心を刺激し、気分の高揚と新たな知識取得の活力となる。

知らなくても普通に生活できること。
でも、その分野においては普通では満足できない。
ならば知識(豆知識的なものも含む)をガツガツ蓄えたい。
それを披露して「へぇー」をもらい、更なる「へぇー」を得るために本を読む。

「マニアック」という言葉は私には快感。
しかし、残念なことに、そのマニアックな知識を披露する場は、
後輩との会話で自ら強引に話題を手繰り寄せることで自ら作っているだけ。
[PR]

by fez_maroc | 2006-01-12 13:01 | 【独り言・・・】


<< 地震防災フォーラム2006      T字モミアゲ >>