2006年 01月 31日
サラリーマンとはこんなものか。
私は基本的に「自分は頑張った」「これ以上できない」とは言わない。
少なくとも公の場では(一つ前のブログ記事では書いたけど)。

しかし、先週から、というか今月は頑張ったと思う。
今日も頑張った。
システム稼動日を30日と公表しそれに向けて準備してきたが、
虚しく31日に延期することとなった。
しかし、今朝方まで続いた最終データチェックで予定の数値が出ずじまいで、
何とか今日中に処理すべく対応した。
そして、このエラーは完全に業者のミスだったにもかかわらず、
業者担当者は午前中半休をとっていた。

業者のエラーが多くあり、
会計監査中で移行データが確定しない状況もある中で準備してきた。
昨日、今日とプレッシャを感じながら必死に悩み対処した。

ようやく業者が対応完了となり、移行データのチェックという段階になった矢先、
午後から会議に入っていた上長二人が、
部屋に戻ってきたまま席に座るまもなく荷物をまとめて出かけようとしている。
上長は私の顔を見て「ああそうやった」と私のシステムの件を思い出した。
私は計算式の是非を確認するため、そして本日なんとしても稼動させるため、
会議が終わるのを待っていた。


「明日は時間あるけん、明日きっちりチェックしようや」
上長二人は役員との飲みに出かけた。


タッチの差で業者から、許容できると思われる範囲の誤差のデータが届いた。

私のこの1ヶ月の頑張りはどこに行ったのですか?
[PR]

by fez_maroc | 2006-01-31 20:00 | 【独り言・・・】


<< まさしくようやく      おいおい。いきなりか >>