2006年 03月 27日
マラガ戦 0-0
ターンオーバーのロニーとデコ、累積警告のプジョル、
怪我のマルケス、エジミウソン、チャビ。レギュラーメンバーをごっそり欠いての試合。

先発且つキャプテンマークのガブリの久々のプレー、Bチームから昇格し初先発のロドリ。
これ以外見るべきもののない試合。
デコがいないからペナルティエリア前でのアイディアが不足。緩急の変化なし。
エトオが必死にゲームを作ろうとポジションを下げたりしてたけど、
そこは元々の役割が違うわけで、ないものねだりというもんだ。
デコの一に入ったガブリにしても、やっぱりサイドでの起用じゃないと活きないね。
完全に死んでたし、不要なドリブルでボールを逸してた。

デコやロニーを休ませるのには賛成。
しかし、デコの代わりにはイニエスタがよかったんじゃない?
今シーズンほとんど出番のないマキシをベンチに入れたのに使わないのはなんでだ?
シウビーニョ⇔ジオの交代は、両方ともコンスタントに試合に出ているだけに、
ベンフィカ戦の予行練習ならばマキシを使ったらよかったのに。

結局、勝ち点2を失った分けだけど、
いくらベンフィカ戦のため主力温存、相手は下位のマラガとはいえ、
これってちょっとした油断じゃない?


それともう一つ
気の弱そうな線審が、マラガの抗議に屈し、あろうことか、
マラガのDFのハンドをバルサのラーションのハンドと断じた。
おいおいビデオ見てみ!誰がハンドしたか明らかだろに。
ハンドがあったかなかったかの誤審はよく目にするけど、
ハンドした人間を間違うのは初めてみたぞ。

<バルセロナ>
ビクトル・バルデス、ベレッチ、オレゲール、モッタ、
シウビーニョ(→ファン・ブロンクホルスト・73分)、ファン・ボメル、
ガブリ(→イニエスタ・64分)、ロドリ、ラーション、ジュリ(→エスケーロ・56分)、エトー
[PR]

by fez_maroc | 2006-03-27 23:38 | 【バルサ】


<< ハルのお仕事      「モーターサイクルダイアリーズ」 >>