2006年 04月 30日
待ち人来る カディス戦 1-0  チャビ復活
チャビが淡々とした表情でトンネルを抜けピッチに上がる。
こちらが期待が拍子抜けするような淡白な表情でベンチの最前列にすわり、
口元が緩むことも、綺麗なカーブを描く個性的な眉にも表情はない。

後半開始早々、
チャビが黄色のウォームアップジャージに緑のビブスを着けてライン際を走る。
CLではミラン戦を乗りきり、
リーガもこの試合に勝てば王手で、
前半9分にベレッチのクロスからロニがダイレクトに右足一閃ゴールで先制。
スタンドは安堵感に包まれ、
黙々とアップするチャビを、試合中にもかかわらず大きな拍手と暖かいまなざしで包む。

12月に靭帯を損傷し、
W杯も絶望と言われた男が、
見舞に訪れた仲間を逆に励まし、
まるで自分はこのタイミングで復帰できると知っていたかのように、
回りの心配に無頓着にポジティブな発言を繰り返してリハビリに励んだ。

私が03-04シーズンのオサスナ戦をカンプノウで見たとき、
チャビは既に若くしてバルサのベテラン風情だったが、
回りのファンは「またかよチャビ!」「おいおいチャビ!」と言いたげに
「チャビ」「チャビ」「チャビ」「チャビ」叫んでいた。

昨年の優勝の前の優勝を唯一知る選手にして、
その後5シーズンの無冠、ファン離れを経験した選手。
そのチャビですら03-04シーズンは絶対的な存在感はなく、
不可欠な選手ではなかった。

それが今では、その一挙手一投足をテレビカメラが追うほどになった。

スタンドはウェーブが起こる。

後半37分頃か。
チャビがウォームアップジャージを脱ぎ、
デコと交代してピッチに立つ。

9万人の観客はスタンディングオベーションで迎える。
選手交代でのこれほどの拍手は見たことが無い。
敵味方関係無くほぼ全員が拍手したに違いない。
去年の優勝の立役者チャビ。
カンテラ育ちのカタルーニャ人。
皆が彼を待っていた。
[PR]

by fez_maroc | 2006-04-30 07:41 | 【バルサ】


<< 西鉄バス      C/L 準決勝2ndレグ ミラ... >>