2006年 05月 18日
CL決勝 アーセナル戦 前半
さあ始まった。

アンリ、ロニーともに固い表情。

バルサのスタメンは良そうどおり。
試合開始直後から中盤でのプレスの応酬。
プレスで奪取後の展開力でアーセナルが圧倒。
開始早々、右からの低いクロスにアンリが絶妙のトラップでマルケスを置き去りにし
GKバルデス1対1に。バルデス、スライディングしながら足でクリア。
続いて、アンリの得意のっポジションからのミドル。
バルデスパンチングで逃れる。
もともとスピード不足をポジショニングでカバーするマルケス。
少々アンリに着いて行けてない。

バルサは中盤のプレスを逃れるようにロングパスを多用。
12分ゴール正面でエジミウソンがファールをもらう。
ロニー緊張気味にキック。

16分デコのミドル。

18分頃
ペナルティ外からのエトオの突進を、
アーセナルGKレーマンがペナルティエリアの若干外で手でエトオを倒しファール。
一発退場。
ピレスに代わり控えGKが入る。
しかしな、ファールとは言え、
その後の流れでジウリがシュート決めたじゃん。
審判サンなんでとめんの?
結局FK。
ロニー外す。

アーセナル一人減ったぞ。アーセナルの動揺を感じる。
しかし、不安がないわけではない。
こういう重要なとき、
突然出てきたGKが当たりまくりってことは多い。

開始から25分過ぎまで、
いまだ、センターロニー、左エトオのポジション変わらず。
ロニーが硬い。笑わない。遊ばない。どうした?
エトオは体がキレているようだ。
ポジション入れ替えろ!

28分過ぎようやくゲームが落ち着き始める。
アーセナルのプレス弱まる。一人少ないからね。
バルサのポゼション上がる。

大方のメディアの予想は、バルサポゼション、アーセナルカウンター。
レーマン退場前まではプレス応酬でそんな様相ではなかった。
退場後はまさに予想どおりの展開。

36分
アンリの右からのFKをキャンベルが合わせて先制。
ヤバイ。
アーセナルは引いて守るぞ。
しかし、このときファールを獲られたプジョルは、
エボエには触れてないぞ。

デコのポジション低いな。
ファンボメルもパスワークにサンkア出来てない。
インテリオールの二人が高い位置でキープできないから、
ジオがなかなか上がれない。
ロニーはボールを長く持ちすぎてしまう。
ここはチャビ投入か?

前半ロスタイム。
ロニーのパスを見事な反転とラップで抜けたエトオのシュートは
GKの手にあたりポスト直撃。
エトオキレキレだ。

前半終了。

1点ビハインド。
ま、これを覆しての勝利ならバルサ優勝にドラマが付与されてよいというもんだ。
[PR]

by fez_maroc | 2006-05-18 04:36 | 【バルサ】


<< CL決勝 アーセナル戦 後半      C/L 決勝 アーセナル... >>