2006年 11月 27日
2006-07 ビジャレアル戦イニボレー、ロニーオーバーヘッド
前半は苦しんだ試合だけど、
後半はやりたい放題の試合。

前半はピポテ(守備的MF)に入ったエジミウソンの運動量が少なく、
DFからのパスコースを作りにイニエスタが奔走。
2列目のイニエスタがDFの前まで下がってパスを受けにいくとなると、
2列目が一人減るから攻撃におけるキープ力が落ちて手詰まりになっていた。

この試合は、選手交代が面白かったね。

スタートは・・・
      グッディ
ロニー           ジュリ
    デコ     イニ
        エジ
ジオ  プジョ  リリアン ザンブ 

これに、FWのジュリに代えてMFのチャビ投入。
チャビは本来、デコ、イニ、エジのポジションに入るが、
どっこいジュリとの交代。

イニが前に出て、こうなった。

      グッディ
ロニー            イニ 
    デコ     チャビ
        エジ
ジオ  プジョ  リリアン ザンブ 

続いて、エジに代えてオレゲル。
本来センターバックor右サイドバックのオレゲル。
エジの居たピポテ(ボランチ)は経験ない。
この交代はびっくりしたよ。
どうなるのか想像がつかない。

こうなった。

       グッディ
ロニー            イニ 
    デコ     チャビ
        ジオ
ザンブ プジョ  リリアン オレゲル 

ピポテもこなすジオを、
左右のサイドをこなすザンブロッタの存在がなせる技。
けが人が多く、人が足りないこともあるだろうが、
センターバックとピポテをこなすマルケスを温存してターンオーバーをきっちりこなし、
動きの悪いエジを下げる。
効率的だ。
思いもよらぬ交代。やるなライカールト。

そしてもうひとつ。
驚くシーン。ロニーのオーバーヘッド。
チャビのパスを受け、それを胸でトラップしたあと身を反転させながらのオーバーヘッド。

これすごいよ。
完全にゴールを背にして胸トラップでボールを浮かせてのオーバーヘッドならよくある。
今回は右からのクロスを胸で浮かし、
飛び上がりと同時にゴールに背を向けてのオーバーヘッド。
体操でいうところの「1回ひねり」が入っている。
これはすごいね。

声を上げて興奮したよ。

それと、イニエスタのジャンピングボレーも興奮した。
この試合はロニーが好調だったけど、
やっぱりイニエスタだね。
彼には注目だ。


<バルセロナ>
ビクトル・バルデス、ザンブロッタ、プジョール、テュラム、ジオ、
エジミウソン(→オレゲール・77分)、デコ、イニエスタ、
ジュリ(→チャビ・67分)、ロナウジーニョ、グジョンセン(→エスケーロ、72分)

<ビジャレアル>
バルボサ、ハビ・ベンタ、フエンテス、シガン、アルアバレーナ、
マルコス・セナ(→ソモサ・88分)、ホシコ(→タッキナルディ・45分)、
カニ、マルコス・ガルシア、ホセ・マリ(→ギジェ・フランコ・45分)、フォルラン

<得点>
1-0 34分 ロナウジーニョ(バルセロナ)PK
2-0 54分 グジョンセン(バルセロナ)
3-0 69分 イニエスタ(バルセロナ)
4-0 87分 ロナウジーニョ(バルセロナ)
[PR]

by fez_maroc | 2006-11-27 12:52 | 【バルサ】


<< 好調なスタート      タンクトップの結婚式 >>