2007年 06月 11日
週末の悲劇①バルサ黄金時代の終焉
残り2試合。
勝ち点差なしだか、直接対決の結果によりマドリ首位。
マドリの相手は難敵サラゴサ。
バルサの相手は同じバルセロナを拠点とするエスパニョルとのダービー。

サラゴサはがんばった。
残り時間あとわずかのところまで2-1でマドリをリード。
最後失点して同点になったとはいえ、
マドリを勝ち点1にとどめたのは期待どおり。

マドリは土壇場で勝ち点1をもぎ取った。

しかし、バルサが期待を裏切った。
またもや残り1分での失点により同点とされた。
バルサは土壇場で勝ち点2を失った。

首位にいながら失態を重ね、勝ち点を撒き散らしたバルサ。
失態を演じ、監督更迭は必至の状態から奇跡的に勝ち点を拾ったマドリ。
同じ勝ち点1を獲得した今節は、あまりにも今シーズンを象徴しすぎている。

仮に最終節で逆転できたとしても、
これほどにエラーを重ねては、とてもチャンピオンとは言えない。
とにかく、今のバルサには失望した。

ライカーさん。
中盤のスタメンがデコ、チャビ、イニエスタと聞いて嫌な予感がしたよ。
左FWがイニエスタで、ピポテはモッタだろ、最初っから。
私は監督としてのあなたに疑問を持ちます。
[PR]

by fez_maroc | 2007-06-11 20:45 | 【バルサ】


<< 週末の悲劇②激突。いきなりの事故車。      3歳になりました。 >>