2005年 02月 20日
咳き込む
夜泣きはしなかったものの、
今朝起きたとき、
ハルは咳き込んで泣きながら起きた。
泣く声もかすれた声と二重になっていた。
こういうとき男親は無力。
「保健所行こうか?」
と言ってはみる。
ふと我に返ると、
これは、
ハルのピンチに、
私にしかできないこと(車の運転)で役立ちたいというだけの
自己満足に過ぎない。

ハルママは冷静だった。
「保健所は1日分の薬しかくれない」
「今日は寒い」
「インフルエンザの患者がいたらうつされる」

今日は安静にすることにした。
[PR]

by fez_maroc | 2005-02-20 16:21 | 【ハル】


<< じいじとばあば帰る      お久しぶり >>