カテゴリ:【バルサ】( 147 )

2006年 11月 27日
2006-07 ビジャレアル戦イニボレー、ロニーオーバーヘッド
前半は苦しんだ試合だけど、
後半はやりたい放題の試合。

前半はピポテ(守備的MF)に入ったエジミウソンの運動量が少なく、
DFからのパスコースを作りにイニエスタが奔走。
2列目のイニエスタがDFの前まで下がってパスを受けにいくとなると、
2列目が一人減るから攻撃におけるキープ力が落ちて手詰まりになっていた。

この試合は、選手交代が面白かったね。

スタートは・・・
      グッディ
ロニー           ジュリ
    デコ     イニ
        エジ
ジオ  プジョ  リリアン ザンブ 

これに、FWのジュリに代えてMFのチャビ投入。
チャビは本来、デコ、イニ、エジのポジションに入るが、
どっこいジュリとの交代。

イニが前に出て、こうなった。

      グッディ
ロニー            イニ 
    デコ     チャビ
        エジ
ジオ  プジョ  リリアン ザンブ 

続いて、エジに代えてオレゲル。
本来センターバックor右サイドバックのオレゲル。
エジの居たピポテ(ボランチ)は経験ない。
この交代はびっくりしたよ。
どうなるのか想像がつかない。

こうなった。

       グッディ
ロニー            イニ 
    デコ     チャビ
        ジオ
ザンブ プジョ  リリアン オレゲル 

ピポテもこなすジオを、
左右のサイドをこなすザンブロッタの存在がなせる技。
けが人が多く、人が足りないこともあるだろうが、
センターバックとピポテをこなすマルケスを温存してターンオーバーをきっちりこなし、
動きの悪いエジを下げる。
効率的だ。
思いもよらぬ交代。やるなライカールト。

そしてもうひとつ。
驚くシーン。ロニーのオーバーヘッド。
チャビのパスを受け、それを胸でトラップしたあと身を反転させながらのオーバーヘッド。

これすごいよ。
完全にゴールを背にして胸トラップでボールを浮かせてのオーバーヘッドならよくある。
今回は右からのクロスを胸で浮かし、
飛び上がりと同時にゴールに背を向けてのオーバーヘッド。
体操でいうところの「1回ひねり」が入っている。
これはすごいね。

声を上げて興奮したよ。

それと、イニエスタのジャンピングボレーも興奮した。
この試合はロニーが好調だったけど、
やっぱりイニエスタだね。
彼には注目だ。


<バルセロナ>
ビクトル・バルデス、ザンブロッタ、プジョール、テュラム、ジオ、
エジミウソン(→オレゲール・77分)、デコ、イニエスタ、
ジュリ(→チャビ・67分)、ロナウジーニョ、グジョンセン(→エスケーロ、72分)

<ビジャレアル>
バルボサ、ハビ・ベンタ、フエンテス、シガン、アルアバレーナ、
マルコス・セナ(→ソモサ・88分)、ホシコ(→タッキナルディ・45分)、
カニ、マルコス・ガルシア、ホセ・マリ(→ギジェ・フランコ・45分)、フォルラン

<得点>
1-0 34分 ロナウジーニョ(バルセロナ)PK
2-0 54分 グジョンセン(バルセロナ)
3-0 69分 イニエスタ(バルセロナ)
4-0 87分 ロナウジーニョ(バルセロナ)
[PR]

by fez_maroc | 2006-11-27 12:52 | 【バルサ】
2006年 11月 24日
C/L 楽観的に見てます。
現在グループリーグ3位。
上位2チームが決勝Tに進めるので、
ま、前回優勝者としてはピンチっていっちゃあピンチなんだけど、
なんとかなるっしょ!って気分です。

2位のブレーメンに2ポイント差で最終戦カンプノウで直接対決。
勝利のみがクリアの条件。

なんとかなるっしょ!って気分です。
[PR]

by FEZ_MAROC | 2006-11-24 12:31 | 【バルサ】
2006年 11月 21日
2006-07 マジョルカ戦
せっかく3時に起き、テレビの前でスタンバッたのに、
ほとんど寝てしまっていた。
グジョンセンとイニエスタがよかったみたいだね。
エスケーロが久々に出ての得点もうれしい話。
しかし、エトオが戻ってきたらまたスタンド行きなんだろうね。

<バルセロナ>
ビクトル・バルデス、オレゲール、プジョール(→ザンブロッタ・63分)、マルケス、ジオ、
モッタ、イニエスタ、デコ、ジュリ(→チャビ・82分)、ロナウジーニョ、
グジョンセン(→エスケーロ・71分)

<得点>
0-1 41分 グジョンセン(バルセロナ)
0-2 57分 グジョンセン(バルセロナ)
1-2 69分 ビクトル(マジョルカ)
1-3 85分 イニエスタ(バルセロナ)
1-4 91分 エスケーロ(バルセロナ)
[PR]

by fez_maroc | 2006-11-21 12:44 | 【バルサ】
2006年 11月 14日
サビオラーーーーーーーー!!!!!!!
メッシに続いてサビオラがーーーーーー

トヨタカップ行くのにーーーーーーーーー。

よっしゃ!私の大好きな、
そして絶対に怪我をしない男に会うことだけを楽しみにして、
けが人の復帰と、今後けが人が出ないことを期待するのを止めよう。

その男とは、
以前カンプノウで会った男。
監督フランクリン・エドモンド・ライカールト!!!!(本名はこれだったと思う)


※文中の「会った」=「スタンドから見た」
[PR]

by FEZ_MAROC | 2006-11-14 21:45 | 【バルサ】
2006年 11月 13日
メッシーーーーーーーー!!!!!!!
エトオに続いてメッシがーーーーーーー


***********************************************************
3-1でサラゴサを下しリーガ首位に返り咲いたバルセロナだが、この試合でレオ・メッシが負傷退場するというアクシデントが起きた。交代後に行ったレントゲン検査で左足の第5中足骨を骨折していることが判明し、初診では全治3ヶ月、つまりメッシの復帰は来年の2月中となる見込みだ。メッシは外科手術を受ける予定となっている。

同じくサラゴサ戦で負傷退場となったエジミウソンは、右足首に重度2の捻挫と診断され10日間の離脱となった。これにより次節のマジョルカ戦(19日)は欠場となる見込みだ。
[PR]

by fez_maroc | 2006-11-13 22:08 | 【バルサ】
2006年 11月 07日
毎年恒例けが人続出
チャビが怪我した。チェルシー戦で。
グジョンセンも怪我した。
エトオも怪我している。

エトオ以外は長期離脱とはならない様子。

チェルシーに敗れ、マドリーに敗れ、チェルシーに引き分けてラコルーニャにも引き分けた。
(レクレアティーボ戦の勝利は格下相手なので除外)
結果も内容も明らかに低調なバルサには、
少しの欠員も大きく響く。

特にチャビだ。
昨シーズンのほとんどを怪我で棒に振った時、
バルサの中盤にはファンボメルがいた。
中盤の2つのポジションをファンボメル、デコ、イニエスタでやりくりして
リーガとチャンピオンズを獲得した。
これでもぎりぎりだったが、
今シーズンはファンボメルがいない。補強もなかった。
単純に人員減。

チャビがいなくなれば、デコとイニエスタだけ。
どちらも離脱できない。
いよいよのときはモッタか?

不安がよぎる。
[PR]

by fez_maroc | 2006-11-07 12:55 | 【バルサ】
2006年 10月 23日
2006-07 クラシコ サンチャゴベルナベウ
負けちゃった・・・・・。
マドリーは気合入ってたね。
序盤からプレスがんがん来てた。
中盤から終盤はプレスが緩んだけど、
守りに戻るスピードが速く、
バルサは最終ラインを突破できなかった。
メッシが可能性を匂わせたけど、
カンナバロを加えたマドリーの守備陣は簡単ではなかったね。

バルサもパスミスが目立ってた。
特にディフェンスラインの前での逸失が多かった。

失点は両方ともカウンターから。
去年のバルサと比較して中盤のプレスが効いていないような気がする。
ピポテ(ボランチ)にチャビを入れて攻撃的に行ったせいか。
デコの運動量も少なかったようだし。

先日はCLでチェルスキーに負けててただいま連敗中。
きれいにいこうとしすぎで、
戦略的なファールも見られないし、
どこか淡々としている感あり。

やばいね。
[PR]

by fez_maroc | 2006-10-23 13:04 | 【バルサ】
2006年 10月 03日
9/30 ライカールト44歳
1962年9月30日生まれで、
波に乗りまくりの青年監督ライカールトは、
先日、44歳になりました。

これから名監督への道を驀進するであろう彼の前には明るい未来が待っています。
ってことで、これからも頑張ってくだされ。
[PR]

by fez_maroc | 2006-10-03 12:50 | 【バルサ】
2006年 10月 03日
2006-2007 ビルバオ戦
前半は窮屈でフラストレーションの溜まる展開。
ジャステに先制されたゴールは、クロスがマルケスの足に当たって
ちょうどよくジェステのところに飛ぶ不運。
まあしかし、いいシュートでした。

それよっか、メッシの右サイドは限界かなという気がするね。
サイドでボールをもらっても、
100%センターに切りこんでいく。
どうしても利き足が左だからそうなるけど、
窮屈に手詰まる感が強い。
センターを見ているからザンブロッタのオーバーラップが活かせていないような・・・。
右はやはりジウリか。

ってことで、
相手が10人になってからのライカールトの選手交代はよかったね。
エジミウソンに代えてジウリを投入。
ボランチと右ウインガーの交代。
明らかに「ガンガン攻めるぞい」というメッセージ。

そしてサビオラ。
前節の途中出場に続いての交代出場。
なおかつゴールをゲット。
サビオラってツートップでしか活きないと思ってたけど、
単独でセンターもやれるね。

しかしライカールトの度量は大きいね。
構想外であったサビオラの残留が決まると、
サビオラの意気を感じて彼を使う。
周りの選手も、サポーターもみんな大喜び。

これだけのタレントがそろったビッグクラブで、
不満分子を生み出さず、
それぞれが力をフルに発揮できるよう環境や舞台を作ってあげる。

もしかしたら、戦術的な面はさておき、
監督としての度量ではライカールとは名監督になるかもしれない。


<バルセロナ>
ビクトル・バルデス、ザンブロッタ、マルケス、プジョール、ジオ、
エジミウソン(→ジュリ・31分)、チャビ、デコ(→イニエスタ・61分)、
メッシ、ロナウジーニョ、グジョンセン(→サビオラ・72分)

<得点>
1-0 11分 ジェステ(アスレティック・ビルバオ)
1-1 45分 ウスタリス(バルセロナ) オウンゴール
1-2 60分 グジョンセン(バルセロナ)
1-3 76分 サビオラ(バルセロナ
[PR]

by fez_maroc | 2006-10-03 12:38 | 【バルサ】
2006年 09月 26日
2006-2007 カンプノウでまたもバレンシアを叩けず。
またもやバレンシア。
バルサは最強チームでありながら、苦手チームもある。
黄金時代というならば、
是非”苦手”を払拭してもらわんとね。

バレンシア、アトレティコ、セヴィージャ。

今後このチームとの試合は全部叩きのめせ。

しかし、サビオラが出場したのは良かったね。
チームスタイルに合わないということで戦力外と扱われ、
モナコ、セヴィージャにレンタルされた彼。

移籍話に応じず残留を決めた時は、
一部で、高額な年俸欲しさのペセテーロ(守銭奴)扱いされていた。
しかし、サポーターはやはり彼を愛していたんだね。

彼がバルサのユニホームでピッチに立ったときのスタンディングオベーション。

バルサはやはり家族的だ。


<バルセロナ>
バルデス、ザンブロッタ、プジョール、マルケス、ジオ、
エジミウソン(→イニエスタ・46分)、チャビ、デコ、
メッシ(→サビオラ・85分)、ロナウジーニョ、エトー

<バレンシア>
カニサレス、ミゲル、アジャラ、アルビオル(→ダビ・ナバーロ・75分)、
モレッティ、アルベルダ(→ウーゴ・ビアナ・90分)、エドゥ、ホアキン、
シルバ、ビセンテ、ビージャ(→アングーロ・78分)

<得点>
0-1 17分 ビージャ(バレンシア)
1-1 49分 イニエスタ(バルセロナ)
[PR]

by fez_maroc | 2006-09-26 12:42 | 【バルサ】