カテゴリ:【独り言・・・】( 77 )

2005年 04月 06日
作る人と使う人
先月末から、うちの会社の営業管理のシステム構築に携わっている。
システムといっても、エクセルベースに、ほんのちょっとのマクロが付いたもの。
それを、全国の担当者が使用できるよう、
運用方法、操作方法などなどのマニュアル作成やマスタ管理をしている。

これが難しい。
重要なのは、
○パソコンに慣れていない人が見ても分かるマニュアル作りが必要。
○慣れていない人は、「マニュアルを読む」行為というか、
 「新しいシステム」、もっと言えば、「パソコン」という言葉に拒否反応を起こす。
 よって、いかに最後まで読む気を損なわずに持っていけるかが重要で、
 よりコンパクトなマニュアルが必要。
○マニュアル化は原則論をベースにしつつも、
 例外な案件が発生した場合を想定しておかなければならない。
○運用に関しては、現状の運用を変更することにも、拒否反応が起こりうる。
 よって、いかに操作が簡単で、
 いかに今後の利便性が高いかをアピールする必要がある。

などなど、気をつけなければならないことは多々ある。
作った側は、全てを理解しているため、
「当然分かってるよな。ここまで言わなくても・・・」とか、
「いや、あの人は分かっても、あの人は分からないだろう」とか、
考えればキリのない苦慮が続く。

とりあえず、それを商品化するなんてことはないし、
所詮社内の問題だから、見切り発車して改良を重ね、
いろんな問い合わせに対応していけばいいかなと思っている。
ただなあ、問い合わせが殺到するのも困るし、
問い合わせの内容が「マニュアルに載ってるだろ」ってことだったら、
非常に腹が立つし。ふー。

「『マニュアルできました』
上司に報告する。
『お前の視点で書いてるやろ』と上司。
見直すと、言葉が足りないところ、
余計な言葉があって混乱を招きそうな表現、
あとからあとから。」
というやり取りは、今回に限らず、これまで何度もあった。

要は、いかに相手の立場(この場合、使用する人)に立って
考えられるかということで、何も仕事に限ったことではなく、
社会にいる人間として必要なことではあるけれども、
私にとっては非常に難しく、全く進歩の見えない案件だ。
[PR]

by fez_maroc | 2005-04-06 12:50 | 【独り言・・・】
2005年 04月 02日
高いもの=いいもの?
家には、ハルママが約2年の歳月を費やして選びぬいたソファがある。
その手入れのためのクリーナーを買いにハルと二人で行った。
ハルママは美容院に行っている。

ソファを購入した家具屋で、
日本製のクリームinクリーナー(要はリンスインシャンプーのようなもの)1260円と
ソファのメーカー指定のクリーナー+オイル4200円を紹介された。

担当のおじさんは、
「何もしないよりかはどちらかを使ったほうがいい」
「日本製の安いほうも、ソファのメーカーが作らせたものなので、
安いからといって良くないわけではない」
「化粧品とかと一緒で、高いほうがいいような気がするが、
どちらも効果はある」

後ろで作業していたおばサンが会話に入ってきた。
「日本製の安いほうは、革に表面塗装したものにはいいけど、
革自体に染料を染み込ませているものについては良くない」
と渋い顔をして話す。
この人は、本当にそう思うという雰囲気を出していた。

さあどうする。
「高い=良い」は日本人特有の感覚かも知れないが、
少なくとも私にも若干そういう意識はある。
まして、ソファのクリーナーなど、いままで手にした事のないものならば特に。
ただ高いほうは、外国製だから、輸送費とかの余計な原価がかかっているはずで、
高いといっても、効果に差がないのでは?
という気もする。

ただし、担当のおじさんと話す前にエレベーターの中で話した店員は、
「革によって合うクリーナーが違ってくるので、
担当に確かめたほうがいい」と言っていた。
担当のおじさんは「どちらでもいい」と言っていた。
おじさんとの会話に入ってきたおばサンは「日本製のは合わない」と言っていた。
ハルママが3000円ぐらいなら買っといてと言っていた。
高いほうは、値段の制限を越えている。

私の結論は、高いほうとなった。
「高い=良い」を自信のない根拠としたのだ。

フランスのスーパーがeveryday low priceを謳い文句に、
いつも安く販売していたが、撤退するらしい。
日本人は、いつも安いよりも、安くなったものを好むとのこと。
要は、同じ製品でも、いつも1000円のものより、
1200円がセールで1000円になったものを
買う傾向にあるということだ。
「高い=良い」の意識が根幹にあるからだと思われるが、
ユニクロの限界もそこにあったとすれば、
あながち間違っていないものと考えられる。

とすれば、私の判断は日本人的だったのだろう。
ソファという、私の小遣いを超える品物に関連するものであるがゆえに、
余計にその意識が働いたのかもしれない。


会話の途中に入ってきたおばサンはもしかしたら商売上手なだけかもしれないけど。
[PR]

by fez_maroc | 2005-04-02 17:50 | 【独り言・・・】
2005年 03月 24日
文章
私は文章を書くのが好きだ。
内容がマニアックだったり、多角的な視点や考えが出来ていなかったり、
奇をてらった表現や誇張も満載だったりする。
単なる知識のひけらかしや受け売りだったりする。
そしてなにより、ブログとしては長すぎる。
重々承知!

先月、社内報の原稿依頼がきた。
テーマはベビー。サクサクっと書いた。

このブログの文章。昼休みに書いているが、実はネタは先を行っていて、
ストックがある。この文章もいつ載せようかな?
昼休みはほとんどこのブログ文章作成に費やしている。
そして今週はずっと、明日のイラン戦の予想をめぐらし、
明日投稿する記事作成に
文字入力、デリート、コピー、ペーストを繰り返している。

結局は自己満足。
やはり私は文章を書くのが好きらしい。

※反面文章の恐さも分かってる・・・・けどなかなか上手くいかない。
[PR]

by fez_maroc | 2005-03-24 12:36 | 【独り言・・・】
2005年 03月 22日
順番違います
私はとある私的なトラブルを数ヶ月抱えている。

地震の当日夕方、
その県外に住むトラブルの1員から電話が入った。
トラブルの話だった。
そして電話の切り際に、
「地震どうやった?」と明るめの声で問い掛けてきた。
心配している様子は皆無。

おいおい!順番違うでしょ。
安否確認が先じゃない?

ただでさえ失望しているのに
さらに幻滅。
[PR]

by fez_maroc | 2005-03-22 12:50 | 【独り言・・・】
2005年 03月 11日
朝から上司を怒らせる
ブルーであります。

担当している原価管理システム構築にあたり、
ある計算方法に悩んでいたので、
一昨日、とその前の日にとなりの部署の上司に相談していて、
二人であれこれ考えていました。
しかし、その回答の期限が今日であること、
昨日はその上司が相談する間もなく早々に退社したこと、
その計算方法を編み出したのはそのさらに上の上司であることから、
昨日、その大親分に相談したのです。

となりの上司は、自分に話を振っておきながら、
大親分に話を持っていったことが気に入らなかった様子。
多分、彼は、家に帰ってもいろいろ考えてみてくれたりして、
それなりの時間を費やしてくれたのだと思う。
だから、一言断っておいてから大親分に相談すればよかった。
私の気配りが足りなかった。

しかし、40歳前のとなりの上司が
「ようわからん、好きなようにして!」
と私に言い放つのは、
大人気ないし、どうかと思う。

この上司はいい人で、
いろんな相談ののってくれるし、
人望も厚い。
好きな上司ではあるのだが、
一歩、その立場を損ねるような結果になると、
過剰に反応してしまうので大変だ。
[PR]

by fez_maroc | 2005-03-11 12:33 | 【独り言・・・】
2005年 03月 08日
数学が苦手
数学が苦手だ。いや、加減乗除の範囲なので算数が苦手だ。
中学までは得意と思ってたのに。

今、会社の原価管理システム構築を担当している。
適正な原価計算式、それを適格に分析するための式を
設定しなければならない。
どの数字を使い、どの式を当てはめ、
その結果がどうなり、その結果が何に使えるのか。

システム業者との打ち合わせを重ねているが、
その席上において、業者と立ち会って頂いてる私のとなりの部署の上長との
会話についていけない。
最初はついていけるのだが、
途中からアラビア語(大げさだが)のようにちんぷんかんぷんになる。
さらに、私の思考の先の先を行く直接の上司が加わると、
その上司は、途中を省略しまくって話しをし、
その上、私に「そうだよね?」「違いますか?」などと振ってくる。
その時点で、私の頭の中はアラビア語からハングル語に変化しているので、
「何語の話?」となり、全くもって返答のしようがない。

昨日の打ち合わせが正にそうだった。

昨日の残業時間中、
この日返答を保留した案件の検討を直接の上長と行った。
またもや、先の先を行き、中間を省く上司の言葉が解読できず、
「こうなってこうなるやろ」「分かる?単純な話よ」
との問いかけにうなずくことすら出来ない。
しかも、この案件は、
先週、この上長と打ち合わせた上で業者に提出した案件である。
それを「これおかしいよ」と他人言のように言われてもっていう思いもあり、
思考回路は錆付く一方だった。

勿論、案件のおかしな点に気づかず、
「上長の確認済み」という免罪符、というよりも印籠をかざすことは
おかしく、完全に理解していなかった自分の非は理解している。
よって、上長を責めようとは思わない。
エラーに気づき、適切に計算の意図を理解できる頭が欲しいのだ。

「IQサプリはそこそこやれるのに」と思いつつ、
私の頭の回転をもう少しだけ速くして下さいと神にお願いしながら眠りについた。


余談
ついに愚痴をブログに載せてしまった。
[PR]

by fez_maroc | 2005-03-08 12:41 | 【独り言・・・】
2005年 03月 01日
願生此娑婆国土(ガンショウシシャバコクド)
ちょっと考え事をしていて思い出した言葉。
「人はもともと、自ら望んでこの世に生を受けた」という意味(たぶん)。

法事の際に和尚さんが何度か説いた言葉。

「確率的な生命の尊さを謙虚に受け止め、
生を受けたことは幸運にも願いが成就したものとして、
前向きに、謙虚に解釈すること」
と私は理解している。
また、
「それゆえに、自分の生命には、
何かしらの意義があり、
その意義をまっとうするべきで、
それにより、他人へのいたわりの心をが生まれる」と
拡大解釈した。

なんのことはないのだが、
ふと思い出したので載せてみた。
[PR]

by fez_maroc | 2005-03-01 12:51 | 【独り言・・・】