<   2005年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

2005年 02月 28日
中華チマキ
私の家の近くに、
中華チマキを売ってる店がある。
中洲の店に卸しているらしい。

先週じいじとばあばのお土産にした。

これが美味いのです。
中には、栗、ウズラの卵、高菜(たぶん)が入っていて、
思いっきりガブっといくとおいしい。

以前、噂に聞いていたけどなかなかありつけなかった、
小龍包の店も近くにあって、
ようやくゲットしました。「好吃の小龍包」って書いてあった。
ついでに、いきなり団子も購入。

土曜日に、チマキ、小龍包、いきなり団子を堪能した。

中華チマキはいつでもゲットできるので、
私の家に来られる方は、
事前に「チマキゲット」とお伝えください。

※写真は、今夜、家でアップします。
  お楽しみに!!

c0067074_185619.jpg
[PR]

by fez_maroc | 2005-02-28 12:25 | 【いろいろ】
2005年 02月 27日
ハル元気です。
ハルは、咳も出なくなり、
かなり元気になりました。
鼻水はまだ出るのですが。

最近のハルをご報告。
①鼻水出て、呼吸しヅライから口が開く。
  すると大量のヨダレを放出。
  鼻水と合わせてかなりのナダレ。
②鼻水が出るので、鼻の周りはハナクソだらけ。
  鼻水がでるので、イビキをかいてます。
③やっぱり彼は目が離せません。
  今日の夕方、彼の人生2度目の
  「ウンチから新聞広告検出」されました。
  私は初めて確認しました。
④離乳食もモリモリ食います。
  センベイも食います。
  食い意地がはってます。
  これは両親ともそうなので、ハルの食い意地は遺伝です。
⑤ハルは網目状のものがお気に入りのようです。
  居間のごみ箱は網目状なので、すぐ狙いを定めます。
  私の家では、ごみ箱はかなり高いところに避難しています。
⑥ハルはハルママの足をよく噛むのです。
  歯が上下2本ずつはえてます。
  ハルママは本気で痛がってます。
  今日、私も噛まれそうになりました。
  本人は全然悪気がないのです。
⑦ハルはダンボールも好きです。
  どんなダンボールの好きなので、
  うどんの空き箱、おもちゃの空き箱いろいろな箱がハルのおもちゃになってます。
  いま、横で、ハルママとハルは、ダンボールの箱で遊んでます。
[PR]

by fez_maroc | 2005-02-27 19:54 | 【ハル】
2005年 02月 25日
私はあまり詩を解しない。
但し、先日皇太子さんが会見で朗読した詩は、
何気にニュースを見ていた私には心に残るものだった。

以下、詩を載せます。
ご意見聞かせて。

****************************************************
教育学者ドロシー・ロー・ノルト氏の詩

【子ども】(皇太子朗読分)

 批判ばかりされた子どもは
 非難することをおぼえる
 殴られて大きくなった子どもは
 力にたよることをおぼえる
 笑いものにされた子どもは
 ものを言わずにいることをおぼえる
 皮肉にさらされた子どもは
 鈍い良心のもちぬしとなる
 しかし、激励をうけた子どもは
 自信をおぼえる
 寛容にであった子どもは
 忍耐をおぼえる
 賞賛をうけた子どもは
 評価することをおぼえる
 フェアプレーを経験した子どもは
 公正をおぼえる
 友情を知る子どもは
 親切をおぼえる
 安心を経験した子どもは
 信頼をおぼえる
 可愛がられ抱きしめられた子どもは
 世界中の愛情を感じとることをおぼえる

【子は親の鏡】(同じ人の別の詩)
けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる
とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる
不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる
「かわいそうな子だ」と行って育てると、子どもはみじ
めな気持ちになる
子どもを馬鹿にすると、引っ込み思案な子になる
親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる
叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なん
だ」と思ってしまう
励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる
広い心で接すれば、キレる子にはならない
褒めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ
愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ
認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる
見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる
分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ
親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る
子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ
やさしく、思いやりを持って育てれば、子どもは、やさ
しい子になる
守ってあげれば、子どもは強い子に育つ
和気あいあいとした家庭で育てば、
子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる

以上

コメント
****************************************
Unknown (かず)

2005-02-26 03:13:43

はじめまして!
僕の考えはこの詩と少し異なります。
どんな事があろうと、人は内に素晴らしい心があり、周りの人が手をさしのべることで、その心は引き出されるのだと思います。

僕はその思いから、一人でも多くの人を励まそうと詩作に取り組んでいます。
よろしければ、一度みに来てくださいね!

Unknown (fez) 2005-02-26 16:51:06

コメントありがとうございます。
子供をどう見つめ、どう手を差し伸べるか。
難しいですが、がんばろうと思ってます。

ブログ。
時折のぞかせてもらいます。


Unknown (mackimber) 2005-02-26 18:36:44

自分の親のいいところが自分の中にはまるでなかったり
自分の親の好きではない部分から自分が逃れようとした結果
自分の中にはあまりそういうところがみうけられなくなったり
するので
一概には「子は親の鏡」という言葉には納得いかない。
でもこう考える。
同姓でも異性でも血縁関係のない誰かと付き合うことによって
自分の考え方はかわっていくわけだけれども
そこに行き着くまでに自分を形成しているのは
やっぱり親なわけで(他人と関わっても自分のベースは親からだと思う)
親がこどもとどう接するかというのはホント大事なことだと思う。

いいパパかどうかはその子が決めることなんだろうけれども
barcanyならきっといいパパになれるよー。



Unknown (fez) 2005-02-26 21:36:54

mackimberさん。
重いテーマを記載してしまったなと思ってたところに、
真剣に意見を述べてくれたことに非常に感謝しています。

mackimberさんの考えに賛同します。
子は、「血縁関係のない誰かとの付き合いによって自分の考えが変わっていくし、また、人と自分の違いを知ると思うのです。ベースは簡単には変えれないもので、人との違いを認識して、調整する能力を身につけるのではないかなとも思うのです。となると、結論は、子供といかに接するか重要ってことだね。


それと「barcanyなら~」。
ありがとね。
賛同するっていったけど、
これには一応(あくまで一応)
賛同しないということで(笑)。


Unknown (mackimber) 2005-02-26 23:10:23

えー、両手あげて喜びんしゃいっ。
お、久しぶりにでた、博多弁。



Unknown (bbroll) 2005-02-27 14:10:48

このニュース、私もfezと同じ形で心に大きく残りました。こういうのがあるよとfezに教えてあげようと思っていたとこでした。
私自身まだ親にはなっていませんが、親になった時こうしたいと思っていても、自分の育てられ方から子を育てる不安のようなものをどこかに持っていました。でも、この詩をニュースで知った時、それが少し薄らいだように思います。


根底にあるものは変らないかもしれないけど、それをしっかりと受け止めているfezなら大丈夫。


Unknown (fez) 2005-02-27 17:41:14

bbrollさんも多分同じ感じ方をしたのではないかと私も思ってました。
要は、意識することですね。

ありがとうございました。

ブログ移転したからね。
[PR]

by fez_maroc | 2005-02-25 12:32 | 【いろいろ】
2005年 02月 24日
ホームスタジアム カンプノウ
今朝C/Lがあったカンプノウについて。

Estadio Camp Nou :(確かground newの意味)
収容人数 98,771人(ヨーロッパ最大)
ピッチサイズ:105×72m
建設:1957年
海外でサッカー観戦した最初で唯一(現時点)のスタジアム。
ヨーロッパ最大の収容力を誇るこのスタジアムは、
横浜のスタジアムにも、大分のスタジアムにも、テグのスタジアムにも、
勿論博多の森にも見られない急な傾斜があり、
2階席でも、ピッチが近く見える。
メインスタンドから見たバックスタンドは迫り立っているように見え、
ゲームに参加していると実感できるものだった。
大分やテグは特に最上階席で見たため、遠くでなんかやってるというか、
意識して凝視しなければスッカリおいていかれるような感覚を覚えたもんだ。
ハルママはW杯にも関わらず、試合中に眠くなったらしい。

スタジアムには、オフィシャルショップと博物館が併設してあり、
実はバルセロナで1、2を争う観光スポットらしい。
 私も博物館を堪能し(初めて本物のビッグイヤー(C/Lのトロフィー)を見た)、
今ではどうしてって思うようなものまで購入した。この時、ハルママと兼用として
購入したジャージ(本人は自分用に家計で買ったと思ってたらしいが、
私が出しました。)は、最高に気に入っている。私にはサイズが厳しいが。 

私はこのスタジアムが好きになった。
決して近代的でないし、お世辞にも綺麗とはいえないかったが、
外壁(過去のいろいろなデザインのエンブレムがあった)は重厚な印象であり、
シート、スタンド、ベンチ等全てに年季が入っている。
日本や韓国のスタジアムは、機械的というか、巨大な宇宙船のようで、
初めて見た時の「すげー。びっくりー。」の一言で終息し、
愛着という言葉にはほど遠い。

カンプノウは、新しい、古いの別は度外視した荘厳な雰囲気を無言で醸し出す。
建物というよりも神々しい「山」だ。
 それもそのはず、地元の人々の愛着(この表現が正しいのかな?)は
並々ならぬものらしい。
フランコ独裁政権時代に、マドリッドの中央政権に、
人も生活も文化も思想も踏みにじられていたカタルーニャ人にとって、
カンプノウは唯一無二の、誰にはばかることなくカタルーニャ語を話せ、
自分のアイデンティティを無条件に昇華する場であったらしい。
現在も根強いカタルーニャの独立思想(カタルーニャ代表という代表チームもある)
は、この時代の遺恨を源としており、カンプノウはその象徴。
彼等はそこで自由を得、フランコに寵愛されたレアル・マドリッドを
完膚なきまでに叩きのめす姿を夢想し、
持ち寄ったあらゆる憂さを晴らして日常の生活に戻っていく。
カンプノウの力を考えれば、この荘厳かつ尊大な雰囲気は必然だ。
 また、そこに集う人々も無視できない。港町特有の、
「排他」という言葉と無縁の気質が、いわゆるヨソモノであろうが、
バルサを愛するのなら同志という寛大さを、カンプノウの匂いに反映させている。
(決め付けすぎかな?)
 
 ヨボヨボの白髪ジジイが審判への抗議で白いハンカチを懸命に振り、
私たちの斜め前で見ていたオバさんは、まずいプレーに一々頭を抱える。
彼等にとって、カンプノウは凄惨な歴史に裏打ちされたカリスマであって、
そのカリスマ性に引き寄せられている自分に気づかずに足を運んでいるようだ。
 
他の海外のスタジアムを見たわけではないが、私は非常に好きになった。 
しかし、これだけ誉めておいて、通販で買ったカンプノウ立体ジグソーパズルは、
完成の目途が立っていない。

コメント
********************************
Unknown (mackimber)

2005-02-24 22:01:57

パズルのだぁー。


**********************************
ハルゴジラ襲来前に (fez)

2005-02-25 00:28:17

ハルゴジラが走りまわる前にパズルのだぁー。
できたら写真をあーっぷ。
[PR]

by fez_maroc | 2005-02-24 12:30 | 【バルサ】
2005年 02月 24日
C/L
朝方チャンピオンズリーグの決勝T1回戦があった。
残念ながら私は見れないが、
いまネットで確認したら、
バルサが2-1でチェルに勝ったらしい。
冬の移籍で、アルゼンチンのリバプレートからやってきた
若き大型CFマキシ・ロペスと我等がピチーチ(得点王)エトー君のゴールで、
逆転勝ちしたらしい。ロペスはバルサでの初得点かな?

2-1というスコア。
勝つには勝ったが、アウェーゴールを考えると、
2-2のイーブン。
まだまだ余談を許さない状況で、
スタンフォードブリッジで引き分け以上が望まれる。
ベレッチのオウンが痛い。

まあしかし、勝ちは勝ちなのでそれはよし。

コメント
*******************************************
バルサ勝利☆ (UC)

2005-02-24 15:18:49

どもども。はじめまして。
UCといいます。
まずはバルサ勝利おめ~☆
こっちでもチャンピオンズリーグはあんまりみれないんですが、今回はマンU VS ミラン やってて
みることができました。それで一瞬だけVTRでバルサが流れててエトーがものすごいシュートきめるのがでてて、こっち観たいって思いました。
最高速度で走りこんでそのままボールにぶつかりシュート。エトォにしか通らないパスってあるなぁと。。
僕もリーガではバルサ→ベティス→レアルの順で好きなのでバルサの勝利はうれしいです☆
けどアウェイゴールを取られたのはちょっと心配ですね。第二戦もがんばれバルサ☆
  
********************************************************
Unknown (fez)

2005-02-25 00:36:19

はじめまして。
コメントありがとうございます。

いまのバルサは適材適所で「彼にしか・・・」ってのが良くはまります。

ベティス?いいですね。
リーガの良さは、サイドアタッカーですね。
ベティスと言えば、ホアキンとデニウソン。
ベティスはなかなかベティスを放送しないから分かりませんが、
2人は相変わらず鋭いプレーをしているのかな?

私は、バルサ→デポル→ベティスです。

*********************************************************
Unknown (UC)

2005-02-25 08:41:24

こんにちわ。
ベティスでは相変わらずホアキンとデニウソンの両翼は活躍してるみたいです。それにフリーキッカーのアスンソンもいい選手ですよ。おなかがちょっとでてるんですけどなんかそれもさまになってて(偏見かも。。)
順位も今3位かな?どんどんあげてきているのでもしかしたら来年のCLで見れるかもしれないですね~期待です。
ところでバルサの選手では誰がすきなんですか?
僕は今シーズンバルサの試合ほとんど観てないので昨シーズンまでの選手でいうとやっぱりシャビです。
バルサの下部組織あがりはけっこうみんな好きなんですが、シャビは特に大好きえですね。
最近はイニエスタとか若手も活躍しだして本当にバルサはいいですね☆

*************************************************
Unknown (fez)

2005-02-25 12:37:48

私も、シャビとイニエスタです。
シャビはまだ若いのにプレーが落ち着きがある。
いいですね。

アスンソンはバルサの冬のマーケットで、
獲ってほしいと密かに思ってた選手です。
中盤の底はけが人続出で不足していたし、
バルサに足りないのはフリーキッカーです。

ロナウジーニョは重要な場面での直接FKを決めた
ことはありますが、
決して確率は高くありません。
フリーキッカーが欲しかった。

****************************************************
Unknown (UC)

2005-02-25 15:59:54

フェズさんの昔の記事読んでたらユーロ2000のがありましたね。僕はあれを見てサッカー好きになったんですよ^^
オランダもクライファートがPKはずすとかでなんでイタリアがぁぁぁって思ってましたよ。。
それでも決勝でイタリアにトレセゲがあのすごいゴール決めたときはサッカーすごいと思えましたね。サッカーファンにはやっぱり思い出に残る試合ってありますよね。
僕はユーロの決勝とあとバルサ時代のリバウドのオーバーヘッドキックです。
フェズさんの記憶に残る試合はなんですか?
[PR]

by fez_maroc | 2005-02-24 12:21 | 【バルサ】
2005年 02月 23日
偉大なる母
ハルママの姿を見て改めて、というか初めて母の凄さを思い知った。
女性は、出産を機に様々なことが一変する。
体型。生活。
体型は言わずもがなだが、腹に子を宿し、お腹がドンドン大きくなる。
あらゆることが変化する。
私は、結婚指輪をつけるとき、
金属が常時体に触れることの違和感をなかなかぬぐえず、
金属恐怖症になったクチだ。妊婦の体型の変化なぞ、
私に耐えられるはずがない。まして、出産なんて。
生活は、特に専業主婦の話だが(今のハルママがそう)、
一日中、四六時中、三日三晩子供と一緒に過ごす。
自分のペースなんてあったものではない。

父親は、母親に比べたら、子供が生まれても何も変わらないのに等しい。
「父親としての自覚に芽生えた」
「仕事を頑張らなければ」
???。子供が生まれる前は仕事をいいかげんにしていたわけではない。
自覚が無意味というわけではなく、当然必要なのだが、
あくまで意識の問題に過ぎず、
いつもと何も変わらない。父親は何も変わらない。
勿論、子供が大きくなればなるにつれ、
父の役割は重要性を増してくるとは思うが。

ハルママは凄い。
毎日毎日、ハルの笑顔にすくわれているとは言え、
辛いこと、イライラすることもいっぱいあるはず。
育児日誌もつけている。これはハルにとって宝となるに違いない。
私は彼女を尊敬する。

最近、母が子を・・・なんて事件を耳にすることがある。
しかし、ほとんどの母は、ハルママ同様に凄いのかもしれない。
そして、私の母もそうだったに違いない。母は偉大だ。

念のため追記しておく。
出産を礼賛するわけではなく、ただただ、その変化に驚嘆し、
私にできないこととして尊敬するだけで、
私の来世も男であることを切に望んでいるだけだ。
[PR]

by fez_maroc | 2005-02-23 12:36 | 【ハル家の一日】
2005年 02月 23日
ハルの症状
ハルの風邪。
咽頭炎らしく、ひどくは無いらしい。
電気代の高騰をものともせず、
加湿器と暖房を効かせて寝ている。
寝相の悪いことを想定して、
重ね着三昧+スリーパーで防御している。

赤ちゃんの咽頭炎の場合、
熱すぎるぐらいに部屋を暖め、
煙るぐらい加湿したほうがいいらしい。

ハルの様子は、
起きてる間は元気モリモリのようだが、
咳は止まらない。
夜泣きの泣き声は、
かすれて声にならない。
やっぱりこの泣き声を聞くのはつらいな。
ご近所の迷惑にはならないけど。

ハルママの風邪はまだ残っている様子。
彼女の場合、疲労の蓄積も重なっているんだろう。
いつか気分転換させたいが。

コメント
*******************************
早く治るといいね (mackimber)

2005-02-23 20:10:44

そうかー、心配だね。
早く治るといいね。
ハルもハルママも。
barcanyも風邪ひかないようにね。

*******************************************
大丈夫そう。 (fez)

2005-02-24 12:13:17

ハルは徐々に回復している様子。
まだ咳はあるけど。
ハルママは、疲れのほうが大きいと思う。

私は元来余り風邪を引かないのです。
「○○は風邪引かない」ってことかな?

ご心配有難う。
[PR]

by fez_maroc | 2005-02-23 12:25 | 【ハル】
2005年 02月 22日
DVD2005-02-22 12:39
同期のサッカー好きからチャンピオンズリーグ(C/L)予選リーグのDVDが送られてきた。
私はスカパーに入ってないから、C/Lは彼に頼るしかない。
しかし、DVDを私は持たない。
年末、会社の上司が1台プレーヤーが余ってると聞いたので、
貸してくれって話をしてて、
そのご進展がない。

はよ借りないと、明日決勝トーナメントがあって、
また貯まる。

プレーヤーは安いが、
多くの私のサッカービデオを永久保存版にしたいので、
買いではない。
レコーダーの価格下落を待っている。

ビデオテープで保管しているサッカー映像は、
私にとって「永久に不滅です」です。
しかしテープは場所をとるし、
私は整理が苦手ときた。

レコーダー。
いつか買わねば。ハードディスク付きを。

分譲マンション購入とともに、
「宝くじあたったら・・・・。」構想には入っているのだが。
ちょっとせこい?

コメント
**************************************************
いつになるやら… (romanista)

2005-02-23 02:28:16

なかなか続いてるね、はるばる綴り。
CLのDVDは決勝ラウンド始まる前に手元にと
思い送ったけど、見るのはいつになるやら。
バル-チェル戦は0-1でチェルが先勝すると、
カズコ・ホソキがズバリ言ってる夢みました。
ちなみに今期の俺のイチオシはリヨン。
どうよ?

************************************************
あらら? (fez)

2005-02-23 12:17:54

書き込みサンクス!
君はまだチェル有利とみているのか?
ロッベンいないぞ。ドログバもいないかも。
絶好調デコのミドルでバルサが勝つとのお告げをもらってます。誰から?
リヨンはノーチェックだなあ。
勉強してみます。

fez

********************************************************
dvdプレーヤー (fez)

2005-02-23 12:18:54

プレーヤーを借りようとしてたのに、
べっちんは売ったらしい。
どうにかせんと。

******************************************************
カズコ? (fez)

2005-02-24 12:43:09

romanistaの一押しリヨンは勝ったね。
しかし、君のカズコはいまいちだね。
[PR]

by fez_maroc | 2005-02-22 12:39 | 【いろいろ】
2005年 02月 22日
クレジットカード
今日、取引先担当者がクレジットカードを作らないかと言って来た。
私はあるバンクカードを持っているが、
いまどき年会費を取られる。
解約しようと思っていたが、
オークションの使用料の引き落としをこれでしてたので、
そのままにしていた。
今回のカードは特典も多く、
利益はあると思うので、
これを機会に整理する。

しかし、カードって、
いろんなカードに附帯されてて
(スーパー、レンタルビデオ等々)、
さらに特典を充実させて会員を増やしているようだけど、
近頃のスキミング事件を見ると、
整理してきちんと管理せんといかんな。

カードの勧誘の人は増やすことばかりで、
その後は自分次第となるので面倒だけど、
特典に眼を引かれる。

「入会⇒特典ゲット⇒解約」

この繰り返しで実益を得る方法もアリかな?

「株式購入⇒株主優待ゲット⇒売却」
で実利を得ている個人投資家のように。
[PR]

by fez_maroc | 2005-02-22 12:26 | 【いろいろ】
2005年 02月 21日
苦しそうだった
ハルの風邪は本格的だった。
昨晩38度弱の熱と咳に苦しんでいた。
泣き声を聞くのがつらかった。

寝入っても30分もしないうちに
自分の咳で起きてしまう。
泣くというより叫びのようだった。
「助けて~。きついよ~。」って。

私は深夜に1度ハルを抱いて徘徊し、
1度、ハルの布団をかけ直した。
ハルママはもっと起きたに違いない。
ハルママ自身も風邪なのに、
役立たずですみません。

今朝ハルは、
咳はでるものの、
熱は引いたような気がした。
いつもの笑みもあった。
[PR]

by fez_maroc | 2005-02-21 12:34 | 【ハル】