<   2005年 03月 ( 52 )   > この月の画像一覧

2005年 03月 31日
バーレーン戦
率直な感想は、ほぼ十分内容の試合だったということ。
トラップの瞬間の奪取を意識した前目のディフェンスと、
相手が引いて守ったこと。
そのため、サイドの加地と三都主が高い位置から戻る必要がなくなり、
攻撃のバリエーションが多く、安定していた。
ディフェンスも同様に、DFラインは1対1を強要されることなく、
カバーリングに重点をおけばよかったため、
危険なシーンはほとんどなかったと思う。

マイナス面は、前半、FW、MFの間隔が開いていたため、こぼれ球を拾えず、
2次、3次の攻撃がなかったことと、ツートップ+俊輔の連携がなかったこと。
ボランチ2人の前目のチェックがあったため、大きく崩されることはなかったが、
攻撃の幅と、相手の精神的な疲労を促すためには、
こぼれ球をマイボールにすることは肝要だ。
但し、FWとMFの間隔が広がるとなかなか拾えない。
引いた相手には、「クリアした。あ!また来た!」というのは、
意外に効果的だと思うし、クリアした時点でディフェンスの体制は崩れているため、
得点の機会はおおい。

ツートップと俊輔の連携については、FWに鈴木が入ったことで、
落ち着きどころはできたが、
それを生かすには彼の周りを衛星的に回遊するFWが必要であった。
俊輔も同様に、左右のサイドに流れたので、鈴木に楔が入っても、
鈴木はもらってすぐに反転する技術は低いので、誰もシュートが打てず、
結局それまでのことであった。
サイドに流れることもDFを引き連れてセンターを空けるという意味では必要だが、
FWが動き回りすぎると、いざシュートの際に、
すでに労を費やした後となり、バタつくことになる。
ロナウドのように、センターで全く動かずに休憩して、
ボールが来たらトップスピードになるというのは、FWとしてどうかとは思うが、
いわゆるセンターFWがポジション的にも、周りの意識的にも必要と思う。
特に、今回の後半のように、サイドが高い位置をキープできた時には、
FWはセンターにどっかりと陣取って欲しい。
2列目は、センターでゴール前に飛び込む伺うことに
徹する必要があったのではないか?
勿論サイドのフォローも必要ではあるが、
FWとの距離を縮めてシャドーストライカー的に動くべきではなかったか。
要は比重の問題。

以上の点以外では、総じて問題のない戦い方だったと思う。
オウンゴールによる「ごっあんゴール」と思われガチではあるが、
たまたま最後に蹴ったのがバーレーンであったと思っている。
ジーコが言っていた。全員の気持ちが生んだゴールだと。それでいいと思う。
要は勝ち点。それがあるかないかでいろんな人の人生が動く。
例えそれが1点しかとれなくても、例えそれがオウンゴールであったとしても。
[PR]

by fez_maroc | 2005-03-31 19:51 | 【サッカー洗脳】
2005年 03月 31日
指令塔
サッカーにおいて、最も重要で、最も地味で、最も難しく、
最も能力の違いが歴然と露呈する技術、それがトラップだと思っている。
全ての動作(ワンタッチパスもトラップと同様の動作が必要と考える)が
トラップ一つで決まるといっても過言ではない。
そのトラップに入る時、ボールを止めるための十分な集中が必要であるが、
周りに気をつけることが必要になり、
しかも、次の動作を想定しての行為となるため、散漫になりやすい。
よって、守る側としては、トラップの瞬間がボール奪取の最大チャンスと言える。

今回のバーレーン戦で、やはり私は、ヒデに注目し、
他の選手がどう絡むかを注視した。
まずは守備。彼は「攻めのディフェンス」に徹していた。
スピードのあるバーレーン選手に対し、並走ディフェンスで機をうかがうより、
待ち受けて止めるより、
前述のトラップの瞬間狙うことが効果的と判断したのでしょう。
(というか、彼はいつもそこを意識しているように見えるが。
反対に稲本はパスカットに主眼を置いてるようだけど)。
勿論これは福西のカバーリングを前提としたものではあるが、
このディフェンスの効果は、奪取に向かう時ある程度の加速ができるため、
奪取成功の途端、自分はフリーとなり、速攻のチャンスとなる。
また、もともと打合せどおりなのかもしれないが、
このディフェンスは傍目に分かりやすいため、
他の前目の選手も同様なディフェンスをするという
相乗効果を生み出したように見えた。その点で、全体が初めて、
「戦っている」という印象を受けた。

次に攻撃。
私は彼を、余り好きな言葉ではないが、いわゆる「指令塔」だと思っている。
その昔の「指令塔」は、いわゆるトップ下(2列目)に陣取り、
攻撃において周りの選手を巧みに使ってコンダクトを振り、
また、自ら飛び込み得点をする。ジーコ、プラティニがそうだった。
ところが、今の「指令塔」は、完全に、ストライカー型「指令塔」、
パッサー型「指令塔」と細分化されていて、
前者は今では、公式発表上「FW」とされる。トッティあたりが当てはまる。
また、後者の場合は、日本で言う「ボランチ」に位置していることが多い。
ピルロが正にそうだ。「ボランチ」とはもともとポルトガル語の「ハンドル」
の意味なので、「守備的MF」という解釈はずれているが、
この位置にパッサ-型「指令塔」が配されての効果は、
視野の広さを最大限活用することと、左右に中距離のパスを配給して、
相手DFを振り回せること、時間的余裕があるため、
様々なアイデアを具現化できること。プレッシング全盛でスペースのない
現代サッカーにおいて、左右に大きくボールを散らすことの意味は大きい。
その意味で、ヒデの「ボランチ」(個人的にはセントラルMFと呼びたい)は
成功したと言える。
ただ、そうなると、俊輔にはもっとストライカー的な要素がほしいところではある。
とくに、FWがサイドに開いて、
ツートップの間隔が広がってしまう今の日本にとっては。

ちなみに例外はジダンで、両方の要素と、
現代サッカーの重視される体の強さを彼は備えている。

以上のように、彼のボランチは成功と言える。
但し、それは福西がいたから為しえたわけで、
小野が戻った場合にどうするかという問題は孕んでいる。
[PR]

by fez_maroc | 2005-03-31 19:46 | 【サッカー洗脳】
2005年 03月 30日
バーレーン戦予想
イラン戦を外したにもかかわらず、
またもや予想してみる。

バーレーンはカウンター主体で、
ゴールまでの手順が非常に組織的で効率がいい。
但し、日本は勝てると踏んでいます。
希望含まずに、ズバリ「2-0」。

守備について
バーレーンのカウンターは確かに鋭いが、
DFのラインを上げすぎず、ボランチが上手くバランスを保てば防げるはず。
組織的なチームは、効率的な攻めをするけれども、守る側としては、
パターンがあるので、
ディフェンスの決め事をきっちり詰めておけば十分に対処できる。
サイドからのクロスの精度が高く脅威ではあるけど、クロスを上げさせない、
裏を取られないようケアしていればいい。
むしろ、組織としてはバラバラで、個人技が高く、
予測が困難なイランの方が対応に苦慮する。
トルシエジャパンは、組織的な守備と手数をかけない速攻とサイド攻撃が
組織されていた。換言すれば、「決められていたサッカー」。
しかし、それで勝ち進むには限界があったと思っている。
まさに今のバーレーンと同じ。
守備は十分に対応できると思う。
あとは、ボランチに入るヒデと回りの連携が気になるが、
その辺はお互いの決め事と状況判断でどうにかなると思っている。

攻撃について
バーレーンの守備は、アジアカップを見る限り、
サイドチェンジに弱いと見る。
クロスに対し、ボールに集中する傾向があり、
ディフェンスが片方に寄ることが多い。
アジアカップでは、同点においついた時、
中沢は完全に相手の死角に入った。
FWでなく、DFの選手が死角に入れたということがそれを証すると思う。

よって、上手く戦えば2点は取れると予想する。

懲りもせずに予想するのだが、
イラン戦のとき、「予想が当たって欲しいの?日本が勝ってほしいの?」
とのハルママのツッコミを受けた。
[PR]

by fez_maroc | 2005-03-30 12:26 | 【サッカー洗脳】
2005年 03月 29日
しくじった
明日はバーレーン戦。

ところが、お世話になった部長の転勤送別会が入ってしまった。
すでに参加の意思表示をしているし、
世話になったので(お古のゴルフセットをもらったりした)、
キャンセルは難しい。

今夜は夜間作業があるので、
あしたは眠い振りして早めに退散するかなあ。
でもどう考えても間に合わんわな。
[PR]

by fez_maroc | 2005-03-29 12:29 | 【いろいろ】
2005年 03月 29日
脱ハルは曙
近頃のハルについて、
ハルママから「あれもできたよ。」「あれもできるようになったよ」
と報告を受けることが多い。

先日、つかまり立ちでテーブル一周したのは報告したとおり。
ほかは、スティック状に切ったパンや大根やにんじんを
自分の手で掴み、口に持っていって食べられるようになった。
しかし、いまは、掴んで手から飛び出した部分を食べることしかできない。
手の中に残ったものを持ち替えて食べることは出来ない。

最近、ハルはやたらと立ち上がったり、ハイハイもするので、
太ももがシャープになっていた。
立ち上がれず、腹這いしか出来なかった頃のハルの太ももは、
ももの付け根のところの脂肪がたるみ、
三段バラならぬ、二段モモになっていた。
まさに曙の太ももだった。

ただでさえイケメンのハルが、
体がシャープになってきて、
さらにイケメン度があがるか?
[PR]

by fez_maroc | 2005-03-29 12:24 | 【ハル】
2005年 03月 28日
兜に胸躍る
ハルの初節句の兜が金曜届いた。
早速土曜日に飾りつけをした。
長く使うためには、指紋は禁物で、
白手袋を着用してから作業に取り掛かる。
ハルママは、鑑定団のBGMを口ずさむ。
私は、白手袋を着用して両手を前に差し出し、
「ヒロシ・・・」とつぶやく(堀ちえみのドラマ)。(ふるっ)

飾って見ると思った。
煌びやかで綺麗なのは当然だけど、
つくづくかっこいいなあ。
姿形がかっこいい。
かっこいいと思うのは、女性も同じなのか、
男性だけの感覚なのか。
とにかく、ぼーっとみてしまう。

ハルはさすがによく分からないようだけど、
遊び道具となっているサランラップの芯を振り回す姿を見て、
「おおお、見事な太刀筋じゃ」と
と思ってしまうのは、妄想癖ばく進中ということだろうか。

予想はしていたけど、
兜が棚に置かれ、
そこに陣取っていた私の民族楽器たちは、
あえなくダンボール行きとなった。

「民族楽器たちよ!世は下克上じゃ。堪忍いたせい!」
[PR]

by fez_maroc | 2005-03-28 12:32 | 【ハル】
2005年 03月 27日
流血ハル
掴まり立ちがハルのマイブーム。
よこ伝いも覚え、今日は、徐々にだけど、テーブルを一周することも出来た。
しかし、まだ安定性に欠け、ふらつくこともある。

やはりというか・・・・。

片手でテーブル捕まえて立っていた状態でふらついてしまい、
座り込む前に、アゴをテーブルに強打した。

わんさかわんさか泣きました。

「痛かったねえ、ビックリしたねえ」
ハルママに抱かれたハルを二人であやしてたら、
んんん?赤い。
口から流血。

ハル君は日頃ヨダレたらしまくりです。
口をあけて舌を出していることも多々あります。
歯も上下2本ずつちゃんと生えてます。
上の歯は3本目と4本目が顔をだそうかとしています。

ハル君、舌の真ん中を噛んでました。
口の中真っ赤っかです。
舌に上の歯の歯型の傷がありました。

ハルママが何度もガーゼで拭きとってもとまりません。
ハル君の号泣は続いてます。

とりあえず、近くで日曜日もやっている、病院に行きました。
大したことないらしいです。口内炎になるかも知れないとのこと。
一応軟膏をもらいました。

その後、帰って、昼食をたべ、ミルクを飲みました。
その間、1回また血が出てた。
でも、それからは、笑顔満面のハルに戻りました。
痛そうな気配はないし、血も止まってます。

今も、掴めるものがあれば、立ちあがろうとチャレンジしています。
[PR]

by fez_maroc | 2005-03-27 18:10 | 【ハル】
2005年 03月 27日
尾道ラーメン
以前、ハルママと2人で尾道に行ったことがある。
そのときは、「尾道」という土地に興味があって行ったのだが、
そこでふと目にした「尾道ラーメン」の文字に惹かれ、
何気に食べたラーメンは、背油がたくさん浮いていて、
魚のダシが効いた醤油ラーメンだった。

ハルママと私は即オノラー(尾道ラーメンのこと)のファンとなった。
数年後、一時期、ハルママと福岡の醤油ラーメンを食い漁ったことがあった。
でも、いろんな醤油ラーメンを食べるほどに、
「やっぱり醤油ラーメンを食べるならオノラー」
という結論の土台が固まっていくだけに過ぎなかった。

2度目に尾道を訪れたときも食べた。
初めて食べた店は、駅前の区画整理で、
われわれが食べた日が店じまいの日だったので、
そのときはもうなかった。その店で食べたのが今でも一番美味しかった。
2度目の店は有名店だった。そこそこ美味かった。

先日広島のいとこが来たときにお土産で持って来てくれた。
やはり美味かった。

先々週末、広島出張したときに、同じものを買って帰った。
先週ハルママと一食ずつ食べ、
今日また、ハルママと、
非常に惜しまれつつ最後の一食ずつを堪能した。


いいぞ!オノラー!!
[PR]

by fez_maroc | 2005-03-27 18:05 | 【ハル家の一日】
2005年 03月 26日
国家斉唱の後の記念撮影
サッカーでは国家斉唱の後記念撮影をする。
前後2列に並び前列が中腰となる。おなじみの光景だ。
そこで思うことが一つ。
日本代表のこの撮影時の姿勢がかっこ悪い。
ポイントは前列。日本代表の場合前列が肩を組んで、
上体を前傾するタイプだ。これが格好悪い。

私が格好いいと思うのは、ポルトガルとイタリア。
この両国は前列が片膝ついて背筋を伸ばしている。
両国の違いは、前列選手の手の処理。
左足を前に出し左手を膝におくポルトガル(ルイコスタはいつも後列の
向かって右端にいた)と、
両隣の選手と肩を組むイタリア。

どちらも格好いい。
オランダは余り格好良くない。
前列選手が完全にしゃがんだ体勢(でもこれが主流)になるから。
バルサも同じ。
イランも極めて格好悪かった。
しかも、後半の開始前にも撮影してたよ。
変だな。

要は背筋を伸ばすかどうか。

いらんことかも知れないけど、もうちょっと考えてみて。日本代表の皆さん。
[PR]

by fez_maroc | 2005-03-26 12:53 | 【サッカー洗脳】
2005年 03月 26日
敗北≠敗退2
仮に日本、イラン、バーレーンが今後のホームゲームを全部勝って、
アウェーの北朝鮮戦を勝ったとする。
すでに、バーレーンは北朝鮮のアウェーで勝っているが、
ホームのイラン戦で引き分けている。
となると、最終的にイラン1位、日本2位だ。

あと1回負けることができる。
余裕余裕。

ま、この時点では、イランも日本も、
チームとしての完成度が低いというか、
オートマチズムがないんで、個の力が顕著になるけど、
それはお互い海外組を多く抱えていることで共通していて、
真の勝負は8月のホームでのイラン戦でしょう。
W杯予選って、どこの国が強いから通過するって訳じゃなく、
その予選でどれだけチーム力がアップしたかで決まると思っている。

昨日の敗戦は痛くも痒くもない。
[PR]

by fez_maroc | 2005-03-26 12:32 | 【サッカー洗脳】