<   2005年 06月 ( 37 )   > この月の画像一覧

2005年 06月 30日
音楽の話2
stepbrosさんのブログで「この5曲」ってのがあったので、
あまり音楽を解しないのだがちょっと考えてみた。
私にとってのベストな曲5つ。・・・・むずい。

○「nice age」ymo
  デビュー曲の「fire cracker」に続いて「シングル販売のため」に作った曲と
  いわれるもの。売れることを狙ったのか、ymoにしてはかなりロック調だと思う。
  ま、らしさは全然損なわれてないけど。

○「mad pierrot」ymo
  デビュー当初、多くの中華風の名曲を出していたが、中でもこれが一番好み。
  あれ?中華風かな?わからんくなってきた。この曲でお気に入りはベースの部分。
  やっぱりこれは細野先生の生演奏なのかな?

○「Merry Christmas Mr.lawrence」ryuichi sakamoto
  これは言わずと知れた「戦メリ」。教授の代表曲。
  聴くほどにいろんな聴き方ができる曲。最初は哀しい曲に聴こえ、
  時によっては、繊細な大事なものを扱うような曲に聴こえ、
  さらには、一歩一歩いばらの道を前に進んでいく前向きな曲にも聴こえる。
  また癒しの色もあり、曲が終わる頃には不思議な達成感に浸ることもある。
  これほど時々で感じ方が違うのは珍しい。結婚式の最初の入場曲に採用した。

○「PARADICE LOST」ryuichi sakamoto
  邦訳は「失楽園」。邦訳すると映画を思い出して暗いイメージになってしまうけど、
  暗い曲ではないと思う。この曲は、イントロが大好きで、
  そこからピアノメインになって、再びイントロと同じサビの部分に入る。
  この強弱、静と動のつなぎが心地よく自然な曲。

○「batucada」towa tei
  鄭東和のデビュー当初の曲は、ワールドミュージックが盛りだくさんでありながら、
  いわゆるテクノポップの王道を突き進む。インドのギター「シタール」の音を
  知ったのも、ボサノバが好きになったのも彼の曲の影響。そしてこの曲は、
  ボサノバの有名な作曲者(誰だったカナ?忘れた)の古い曲をテクノで仕上げた
  もの。こいつあ、全然飽きない。ハルママは飽きている。

○「cochise」ed Lincoln
  これは、深夜番組の紹介で知った曲。ブラジリアンオルガン奏者の曲で、
  ボサノバなの?ジャズなの?なんだかよくわからないけど、
  オルガンがエロチックな感じで、ブラジルのパーカッションがテンポを上げていく。
  多分70年代もので古いんだけど新鮮な曲。これはマイナーだけど、
  かなりお勧めの曲。

○「Boogie Wonderland」earth wind & fire
  アースの代表曲。誰もが聞いたことのある曲。今でも新鮮。
  数年前にアースのライブに行った時は独りでノリノリでした。
  一緒に行く予定だった同期が仕事で来れずに、
  一人で周りを気にしながらの不自然なノリ。
  70年代(多分?)のソウル系でまともに聞いたことがあるのは、アースだけだが、
  やっぱり、アフロヘアとパンタロンの時代の曲ではこれが一番有名かな。
  「let’s groove」と迷った。

○「human system」TM network
  今では全く聴かないけど、昔よく聞いていたTMからこれ。
  高校受かってコンポ買ってもらって、最初に買ったCD。

基本的には①電子音が好き、②ノリ重視ってのが特徴かな。
あれ?5曲超えちゃった。やっぱ5曲は無理

*****************************************
一つ忘れてた
○「gipsy lady」matt biano
  matt bianoの曲は徹底してワールドミュージックを取り入れている。
  アルバム毎に「今回はスペイン」「今回はキューバ」とテーマがある。
  この曲は、おそらくスペインをイメージした曲で、フラメンコの手を叩く音が響く。
  「a day in your life」も捨て難い。
[PR]

by fez_maroc | 2005-06-30 12:29 | 【いろいろ】
2005年 06月 29日
熱帯夜
仮に究極の選択として、
1年中夏か1年中冬かどちらがいい?と聞かれたら、
迷わずこう言う。「絶対冬!」
冬は外出するにしても服を着込めば良い。
それでも寒けりゃ動けば良い。
夏はクーラーを持ち歩かない限りどうにもならない。
汗っかきの私は、その見た目だけで外部に悪影響を及ぼしているはずだし。

ハル家では、あまりクーラーを使わない。
ハルママと二人の時もそうだったが、独身の時も扇風機で過ごしてた。
昨日ようやく今夏初めてクーラーを使った。いやー極楽。

ハルは私似なのでしょう。
かなりの汗っかきで、額にも背中も肩もお腹もアセモだらけ。太ももにもあった。
お腹は手が届くのでよく掻いているようで、
ちょっと酷くなっている。
寝ているときも、暑苦しいのだろう、いつにもまして寝相が悪い。
夜、突然ふすまがゴスンと鳴ったり、
壁際に積んでいたオモチャの缶が倒れる音がしたりする。
6畳の畳部屋のほぼ中央に寝かしつけているけれども、
彼の布団は6畳あっても足りないらしい。
近くで寝ている私は、時々彼のカカト落としを喰らう。

「ハルよ!暑いけど、暑さに負けず元気に動き回れ!」
っと夏嫌いの私が言う。
[PR]

by fez_maroc | 2005-06-29 12:36 | 【ハル】
2005年 06月 28日
移籍情報等
整理しなければと思っているがなかなか手を付けれていない。
今掴んでいる情報をまとめとこ。
○入団
 ファンボメル(PSV)
 エスケーロ(ビルバオ?)
○退団
 リケルメ(ビジャレアル)
○未確定
 サビオラ(モナコへレンタル中)
 ルストゥ(フェネルバフチェへレンタル中)
 セルヒオ・ガルシア(アルバセーテかなんかにレンタル中じゃなかったかな?)
○未確認
 ジェラ-ル(レンタルか完全か不明だが移籍する)
○契約更改
 デコ、チャビ、エトオの2010年まで延長で更改したことは確認済み。
○噂
 C・ロナウド(マンU)獲得の噂
 アンリ(アーセナル)獲得の噂

しかしな、ファンボメルはセントロカンピスタ(MF)だし、
エスケーロはよう知らんけど攻撃系の選手。
攻撃陣は頭数結構揃っていると思うんだけどな。
C・ロナウドは、純粋なエストレーモ(ウイング)がジウリだけなので、
良い話とは思うけど、若いだけにクアレスマのようなことにはならないか心配だ。
本来補強すべきは、セントラル(センターバック)だと思う。
既存のセントラルはプジョー、マルケス、オレゲール、エジミウソン。
マルケスとエジミウソンはピポテ(ボランチ)との併用になるからね。
ピポテは、ジェラ-ルがいなくなったから、
モッタ、ファンボメル、アルベルティーニになるだろうけど、モッタは怪我がちだし、
実績から考えると、マルケスとエジミウソンはピポテでの出場比率は高くなると
思うんだけどな。
ラテラル(サイドバック)は右がベレッチ、ガブリがいて、
プジョーとオレゲールもこなせる。左はジオとシルビーニョがいる。
となると、やはりセントラルが不足していると思うけどな。
[PR]

by fez_maroc | 2005-06-28 20:52 | 【バルサ】
2005年 06月 27日
ブラジル戦に物申す
いろんなメディアでは、ブラジル戦の日本を絶賛している。

  確かに、ヒデを後ろに下げたことによって、攻撃のバリエーションは増えている。
加地がいい飛び出しができるのも、ヒデがマークの薄い位置でボールを持てること
によって可能となった強く速いロングパス、あるいはサイドチェンジがあるから。
彼がこれまで目立たなかった、あるいは評価が低かったのは、これまで、
「ウイングバック」という、「ウイング」なのか「サイドバック」なのかよう分からん
ポジション(彼の所属するFC東京は4バック)で、前にいくことと下がることを迷う、
あるいは常に三都主を見ながらプレーしていたためだけで、
もともと良い選手だったが中田の存在で完全に吹っ切れた。
三都主はもともと前目だから、中盤でボールを奪われなければ、
相手の4バックが横の間延びするんで、逆に中央からの攻めも効果がでる。
確かに柳沢の起用の効果が出ている。柳沢は、裏を取る動きがあり、
パスを受けるにも、パスを出すにも、動きながらプレーするし、
フリーランニングも多いから、相手DFは彼の動きに吊られ易く、
味方にスペースを与えることができる。相手は的を絞りにくいんじゃないかな?
おかげで前3人の攻撃に流動性が高くなった。

いろんなメディアでは、ブラジル戦の俊輔を絶賛している。

俊輔は確かに点に絡んでいる。彼がボールの動かし方が上手いのは間違いなく、
プレー自体が派手だから目立つけど、その分、彼は死んでる時間は多い。
相手によっては全く存在の薄い時間が多い。
センターサークルあたりで真横に向かって長々と余計なドリブルをしたりする。
そんなところで相手を交わす必要がある?そこで獲られることもあるでしょ?
サイド攻撃を標榜するなら、サイドチェンジが不可欠。
片側サイドに敵味方が寄っているときに、強く速く正確なサイドチェンジができれば、
パス受けたサイドアタッカーに対峙できる敵は大体1人で、
しかもそれを交わせば眼前には大きなスペースができ、プレーの時間を確保できる。
そして、狙う時間があるからクロスの精度も上がる。サイドチェンジだけではなく、
パスの受け手に時間を与えるという意味で、全てのパスは速ければ速いほどいい。
勿論トラップ技術の問題はあるが、俊輔のパスは遅すぎる。

いろんなメディアでは、ブラジル戦で惜しかったという。

DFはルシオ以外は2軍で、ロッキ・ジュニオールも出ていない。
サイドバックのオーバーラップなんて少ないし遅い。決して本気の布陣じゃない。
そして、ブラジルにサイドアタッカーがいなかった。
サイドアタッカーの突破力次第で、加地はディフェンスラインにベタ付けとなるはず。
ルシオは前目前目に行くからスペースは出来やすい。
ほぼザルのDFだったと言える。相手DFがまともなら、柳沢のスペースはなかった。
ブラジル戦にくらべてギリシア戦のほうがチャンスは少なかった。
そして、ボランチのジウベルトやゼ・ロベルトは運動量が足りない。
故に日本は中盤で比較的自由にボールを回せた。
また、日本の4-4-2が機能していると見れるが、ディフェンスに関しては違う。
ギリシャ戦の1点目とブラジル戦の2点目は、DFとボランチの間のスペースを
フリーにさせたという点で共通する。ディフェンスって、退却するのか、
獲りに行くかの判断が重要なんだけど、ジーコジャパンのディフェンダーは、
ボールを獲られたら、まず絶対退却する。退却すれば、ボランチとの間隔は広がるし、
相手はスピードを持ったままバイタルエリアに侵入し、
さらには相手に選択肢を吟味する時間を与える。
また、自陣ゴールに近づくことになるから危険度は高まる。
結局は、ギリシャ戦もブラジル戦も、ディフェンスには進歩があったわけではない。
4バックもやはり急造だということ。
ブラジル戦での1点目も、「お!こりゃ、ブラジル相手でもやれる!」って
皆が思った瞬間の出来事で、皆が攻めて、カウンターを仕掛けられた時は
完全に間延びした2バックになっていて破られた。
このときも、ラインがもう少し前だったらロナウジーニョに周りを見る時間を減らせたし、
例え抜かれても、攻撃を遅らせることができたらボランチの戻りを期待できる。
さらには、オフサイドトラップを仕掛け易くもなる。
もっと点が取れたのに惜しいというけど、もっと点を獲られるとこだったともいえる。
カカの惜しいのもあったしね。
これまで、W杯予選や、フランスW杯のアルゼンチン戦やクロアチア戦など
幾多の試合で、「強豪に1点差の負けで惜しかった!」といいつづけた。
アジアの諸国は、日本相手の試合で同じ事を言っている。
アジアカップの優勝やW杯出場決定の過程で日本が証明しているように、
強豪チームとは、例え1点差であっても勝つのだ。
「惜しい」で気を良くするだけでは、「惜しい」が延々と続くだけだと思う。
4バックは、ラインのコントロールがしやすく全体をコンパクトにしやすいから、
採用するのはいいとは思うけど、それで本戦に望むなら、
1年かけて熟成させる必要があるね。
ひねくれた見方だとは思うけど、正直そう思う。
[PR]

by fez_maroc | 2005-06-27 23:24 | 【サッカー洗脳】
2005年 06月 26日
ラ・コルト
日頃のストレスを解消するため、マイナスイオンの吸える場所に行こうと
ハルママと話していたが、結局今日は先週買ったスーツを取りに行くことだけだった。
しかし、スーツは天神に取りに行く。
となると、ハルママと私の思惑は、どこの甘味を堪能するか!

ってことで、
本日の甘味。
けやき通りの端っこにある、ジェラート屋さん、ラ・コルト。
ハルママが妊娠する前に何度か着たことがあった。
かなり久しぶり。

私のオーダー(写真の手前側)、マンゴーと黒蜜きなこのダブル。
                    →個々は良いが組み合せに失敗。
ハルママのオーダー(写真の奥側)、チョコチップとマスクメロンのダブル。
ハルママと私で4種の味を堪能したが、一番上手かったのはマンゴーだった。
ちなみにこれまでこの店で一番上手かったのは「キウイ」。これ最強!
ここは果物系は絶対外れないね。他はたまに外すときもあるけど。

c0067074_2312783.jpg


この後、中洲ぜんざいを目論んでいたが、
自粛。
[PR]

by fez_maroc | 2005-06-26 23:12 | 【ハル家の一日】
2005年 06月 26日
女の子?
暑くなって、ハルの体は大量のあせもを発生させている。
私も結構あせも作ってたし、ま、たかがあせもだとも思っているので、
特に大きなことではないが、どうも、額に出来たあせも、もしくはそのあせもに
当たる髪の毛が気になるらしい。

ハルの髪の毛は、素人の私が、
ハルの目にかからない程度の長さに揃えて切っているだけで、
それ以上の技術のない私には、「髪がじゃまじゃー。切ってくれー」と
借りに言われたとしても、いまのよりも短髪なヘアスタイルは、
バリカンによる丸坊主しかない。

ハルママと協議したところ、
前髪を結んであげることにした。
ハルは普通にしていても、女の子に間違えられることが多い。
(→眼が大きくて、整った顔してるからね。)
にもかかわらず、ゴムで前髪を結び、
結ぶことの出来ない分は、ヘアピンで留めた。

こりゃ、どっから見ても女の子に見えるバイ。

ハルママが、スーパーで小さめのヘアピンを買っていた。
「一応男の子っぽく、ブルーにした」とのこと。

あんまり色は意味ないと思う。
[PR]

by fez_maroc | 2005-06-26 23:10 | 【ハル】
2005年 06月 25日
・・・・・・・
今日一日を一言で表す。
「なんてこったい!!!!!!」
[PR]

by fez_maroc | 2005-06-25 23:20 | 【いろいろ】
2005年 06月 24日
ちょっとむかつく
所得税増税の動きがある。
既に定率減税の廃止が決定している上に、
所得控除の条件を見直すとか。

定率減税20%のが廃止になるってきついぞ!
所得控除の20%でなく、単純に、納税額の20%を減税していたわけだから、
年税額100,000円の場合、
「定率減税で20,000円引かれて実質80,000円の納税」となる。
この20,000円がなくなる。
80,000円から逆算すると25%増となる。
これに加えて所得控除を減らすのか?
消費税も10%超になる可能性も高いので、そりゃないだろうって感じだ。

ま、定率減税は時限立法だろうから仕方ないという気がしないでもないが、
いくら景気が踊り場脱出傾向で、個人消費が増えたととは言え、
みんながみんな懐あったかというわけではなかろうに。
他に削るところ一杯あるんじゃない?
増税に走るってちょっと安易な感じがするが、
この考え方が安易なのかな?
[PR]

by fez_maroc | 2005-06-24 20:19 | 【独り言・・・】
2005年 06月 24日
あろうことか・・・・
最近寝不足。あろうことか、サッカーのビデオを見ている最中に記憶が飛んでしまう。
昨日は、やむにやまれず前半のみ観戦して就寝。
おかしい。
[PR]

by fez_maroc | 2005-06-24 20:07 | 【いろいろ】
2005年 06月 23日
夢見てる?
昨日、ハルは寝ながら笑ってました。
幼いながらに夢をみているのでしょう。
何を笑っていたのかな?
先日お風呂で馬鹿ウケした私の腹話術に違いない。
[PR]

by fez_maroc | 2005-06-23 22:57 | 【ハル】