<   2005年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2005年 07月 31日
白糸の滝
ハル家は、私がそうめんを至極好むことから、
それが土日の食卓に上ることが多い。

つゆを作る、麺のゆでる。
ほとんどの場合私が担当する。

これには歴史がある。
そうめんやうどんのつゆを自ら作るようになったのは小学生の頃。
レシピを教わったわけではなく、
入れてる調味料が正しいのか、なんの意味があるのか、
分量はこれでいいのか、なんてことはさっぱり分からない。
凝っていたり、きわめて美味いのではなく、
自分の好きな味のパターンを繰り返しただけで、
瓶で売っているつゆをあまり受け付けないから作っているだけだ。

ハルもそうめんは好きと見る。
ハル用そうめんは、ハルママと私のよりも柔らか目にし、
食べやすいよう、短く切って盛りつける。

ハルはスプーンやフォークを使い切れない。
どんなに仕込もうとしても、食事は手掴み。
口のサイズと手のサイズの違いを把握できていないのだろうか。
ちょうど口に入る大きさの1個の固体であれば問題ないが、
米などは、口のサイズ以上の量を掴み、
口に入らない分は、敢え無く場外リングアウト負けになる。
リングアウトになっても、
綺麗に洗っているエプロンの上にしがみついているものは、
ハルママや私の助けにより敗者復活を果たす。

今日のハルの夕食には、昨日ハルが食べきれなかったそうめんがあった。
私とハルママは、なんの話か、食事中2人で会話した。ハルそっちのけで。
ふとハルを見る。

ハルの口からテーブルまで、
白糸の滝ならぬ、ナイアガラとまではいかず、
千尋の滝のようになっていた。
滝というより、雪崩かもしれない。
見ようには、山盛りのかき氷にも見える。
5cmぐらいに切ってあったはずのリングアウト敗者たち。
スイミーの話を思いだし、美しささえ感じる。

ハルママは、楽しそうに敗者復活の助けをする。

ハルは「こいつらなに騒いでんだよ。」と真顔。

写真撮り忘れた。オモロかったのに。
[PR]

by fez_maroc | 2005-07-31 23:34 | 【ハル】
2005年 07月 30日
胸躍る

satorollさんから得た情報。
キャナルはいまアフリカ一色らしい。
雑貨の店や、ジャンベなどのアフリカミュージック演奏、
ワークショップなどなど、ときめかずにはいられないイベントがあるとのこと。

じっとしてられない。
毎週でも行こうかいな。
そんなイキオイ
[PR]

by fez_maroc | 2005-07-30 23:35 | 【いろいろ】
2005年 07月 28日
ちょびっとハル公開
俗世に距離置く生活をしているので、
なかなかネタがない。
てなわけで、
ハル様を小さく公開。
c0067074_205534.jpg
c0067074_206266.jpg

[PR]

by fez_maroc | 2005-07-28 20:06 | 【ハル】
2005年 07月 27日
ハビエル・サビオラ
サビオラの移籍問題が決定していない。
バルサは構想外。
他のクラブは、サビオラの高額年俸が気になる。

アルゼンチンでは、
代表レギュラーFWのサビオラがバルサの構想外で、
代表に定着していないマキシロペスがバルサの第3FWとして構想内になることに
疑問の声が絶えないとのこと。

確かに一昨年のバルサでクライファートが低調な中、
サビオラは頑張っていた。
ただし,バルサが3トップを敷く以上、
サビオラの居場所はない。
サイドでは使えないし、
センターにはエトオがいる。
サイドからのボールを点であわせる技術はラーションが上。
サビオラは、2トップでないと活きない。
残念ながら、構想外という判断には賛成する。

まだ若いから、いい移籍先が見つかるといいが。

希望としては、
デポルのアンドラーデとの交換がいいんだけど。
[PR]

by fez_maroc | 2005-07-27 12:50 | 【バルサ】
2005年 07月 26日
私の生きる道
多忙な中でも色々考える。
多忙故にかもしれない。

私の生きる道として何が最適で、何を望んでいるのか。

父親としては、
意図に反して多少の犠牲感を持ちつつも、
そこそこの給料を得て、家族を何不自由なく生活させることが優先されるのか。
裕福でないにしても、自分に誇りを持って生きていく姿を子供に示すのがよいのか。

と、あたかも家族第一での人生設計のように語っているが、
結局は、自分があるべき姿、ありたい姿は何なのかという1点だけだ。
要は自分が問題である。

母の死に直面した時に描いた私のあるべき姿。
それを捨ててはいないのは確かであるが、
いまの状況では決して実現しないのも確か。

じゃあどうするのか。

ただひたすらに自問を繰り返す日々が、
あっという間に数年続いている。
[PR]

by fez_maroc | 2005-07-26 22:57 | 【いろいろ】
2005年 07月 24日
ハルの初モノ
今日は、ハルを初めて海につれていった。
いわゆる海水浴に行きたいというのが理由ではない。

ハルは依然アセモだらけ。
そこで思い出した。
幼少の頃私もアセモだらけだったが、
不思議と海水浴の後にはアセモが枯れていた。
母も「海水のせい」と言っていたようにも思う。
そう。今日は湯治ならぬ海治。

ハルは打ち寄せる波にビビリまくりで、
ハイハイで必死に敗走していた。

私が手荒く扱うため、
ハルは私がだっこしようとした瞬間から泣き出すようになった。
ハルママ「初めてなんだから。最初で海嫌いになったらだめでしょ」
確かに。


今日久しぶりに3人での夕飯。
カレー。
ハルも、幼児用のカレーをはじめて食べた。
美味しかったのかな?

ちょっと味見した。お、これはこれで美味しいかも。
[PR]

by fez_maroc | 2005-07-24 23:39 | 【ハル】
2005年 07月 21日
こんな時期に
こんな時期に会社の私がいるフロアの飲み会が
来週の金曜に行われることになった。

私の会社というかフロアは飲みにいくことがほとんどない。
年に片手で数えるほど。
今、経理系の方々は決算業務と会計監査法人監査でてんやわんや。
そして、私も新システム導入に向けててんやわんや。

昇任祝いの会だとさ。
7月1日で数人昇任したけど、なにもこの時期にしなくても。

今日の会議で、皆の都合を部長が聞いていた。
毎日恐いが、いつも私を気にかけてくれる上司が、
「fezは繁忙だし、監査もあるし、先のほうに延ばしてはいかがですか?」
と言ってくれた。結局都合の悪いと挙手する人はおらず。
私はその間、横に座っていたアホな先輩にシステムの質問を受けていたので、
この話の進みを聴いていなかった。

部長が私に振ってきた。
「あとはfez君次第だ」
「先に延ばしていただきたいです。」私が答える。
暫く間があり、部長。
「いいやん。やろう」

皆の都合が合っている以上、
私は断れなかった。
でも、心の中で「こいつは鬼だ」と思っていた。
[PR]

by fez_maroc | 2005-07-21 23:31 | 【いろいろ】
2005年 07月 19日
キーパー
バルサのポルテーロ(キーパー)のビクトル・バルデスが契約更改を行い、
エトオ、チャビ、デコらと同じく2010年までの契約延長に合意した。
彼は、反射神経に優れ、ファイトあるプレーでチームを鼓舞し、
昨シーズンの優勝の立役者となった。
スペインで最少失点で乗り切ったポルテーロに与えられるサモラ賞も受賞した。
しかしながら、実はバルデスは好きなタイプのキーパーではない。

 私が生でW杯を見始めたのが90年W杯であるため、
そこからのキーパーで見ると、以下のタイプが大別できる。
   ①果敢前に出て勝負するタイプ。
   ②ギリギリまで前に出ず、ずば抜けた反射神経で対処するタイプ。
   ③ポジショニングによりなんなくセーブするタイプ。
   ④やたらとPKに強い。

①については、上述のビクトル・バルデス(スペイン)、ファンブロイケレン(オランダ)、
  川口(日本)。このタイプは、見た目は派手で、敵と1対1になった時などにおける
  セービングには神がかりのプレーで窮地を救うが、如何せん安定性に欠ける。
  このタイプは余り好きではない。

②について、これは、オリバー・カーン(ドイツ)、ピーター・シュマイケル(デンマーク)。
  このタイプは相当の自信がなければ成り立たないタイプである。
  キーパーにとって、「前に出ない勇気」とはなかなか手にできるものではない。
  前に出るということは、前へ出る動きのため左右への対応可能範囲が
  狭まるということであり、交わされる可能性が高い。
  前に出ないということは、万全の体の重心を保持し、
  左右どちらでも最大限の対処ができるよう準備できるということ。
  ただし、その分シューターが狙える範囲は広いため、
  かなりの反射神経と自信を要す。

③について、キーパーとして理想のタイプ。
  キーパーとは何より安定が重要である。派手なセーブは、見た目には良いが、
  味方DFの危機感を煽る。何でもないシュートをなんでもなく処理し、
  危険なシュートもなんでもなかったように処理することができることが
  最高のキーパーの条件で、それを為すためには、相手シューターのポジション、
  味方DFのポジション、シュートは右足か左足かなどのあらゆる要素を
  瞬時に察知し、最もシュートを防げる位置にポジションをとる。
  
  そして私が思う最高のキーパーは、ミシェル・プロドーム(ベルギー)。
 94年アメリカW杯のベルギーのキーパーで、ベストイレブン、
 及びその年の最高のキーパーに贈られるヤシン賞も受賞している。
 ベルギーは元々優秀なキーパーを輩出する国で、どんなシュートでも正面で
 キャッチすることが美徳とされている。まさにプロドームは、そのタイプであり、
 際どいシュートもなんでもなかったように処理する。スーパーセーブもある。
  老いたエンツォ・シーフォ以外見るべきものがなかったベルギーが、
 この大会で優勝したブラジルに派手に真っ向勝負したオランダの攻撃サッカーに
 土をつけられたのは(1-0)、プロドームのセービング以外に要素はない。

④について、このタイプはよく分からない。PKに強いということは、
  読みと判断スピードと反射神経と全てを備えているのだが、説明ができない。
   90年イタリアW杯のゴイコチェア(アルゼンチンの控えキーパー)は、
 レギュラーキーパーの負傷により急遽出場となったが、
 決勝トーナメントのユーゴスラビア戦、イタリア戦の共にPK戦まで縺れた試合で
 止めまくった。また、90年イタリア、94年アメリカ、98年フランスに出場した
 タファレル(ブラジル)は、94年には決勝のイタリア戦、98年にはオランダ戦で
 PK戦を制している。

 いずれにせよ、キーパーとは、ミスが負けに直結するだけに
 どのポジションの選手よりも冷静で且つタフな精神力が必要である。

 結局は、私が考える(実際に見た)中で最高のキーパーはミシェル・プロドーム。
 彼のプレー、久しぶりにビデオ引っ張り出して見てみるかな。
[PR]

by fez_maroc | 2005-07-19 12:30 | 【サッカー洗脳】
2005年 07月 19日
Merry Christmas Mr.lawrence
音楽の話2

私が最も好きな曲、「Merry Christmas Mr.lawrence」。
いま静かに聞きながらブログを打っている。

帰宅途中、車の中でチェンジャーを廻らしていてところ、
不意に流れた「Merry Christmas Mr.lawrence」。

「おまえは頑張っている。もう少しだ頑張れ。不安を恐れるな」と言われている気がした。

行きがけは、ノリノリの曲で気合いを入れた。
でも今は、後ろで流れている坂本さんのピアノが心地よい。

*********************
「Merry Christmas Mr.lawrence」だけじゃないぞ。
「RIDE RIDE RIDE」
「DEAR LIZ」
「ワタスゲの原」
・・・・流れる曲すべて染み渡る。

坂本龍一のピアノ・クラシカル版ベスト「OPERA」。
これは騙されたと思って聞いて損はないと思う。
[PR]

by fez_maroc | 2005-07-19 01:07 | 【独り言・・・】
2005年 07月 19日
地下鉄七隈線の入り口
この三日間、車で同じ道を往復している。
ちょうど地下鉄七隈線の通りだ。

しかし、七隈線の入り口はなんであんなに派手でスペースをとっているのだ?
目立つようにか?
回りに遮るものなど何もないのに、目立たせる必要はなかろう。
乗降客の多い天神、赤坂、中洲、博多なんて、
青い看板が光ってるだけだけど、十分地下鉄入口って分かるぞ。
観光客だって十分見つけられるぞ。
七隈線に乗る観光客っているか?
路線の回りは住宅地か学校だろ?
なんでそんなにきらびやかにする必要があるのか?

無駄に金使ってねえか?福岡市!
そんなことだから乗客数が予想の半分ぐらいしかいなかいんだよ。

そんなことに金使わず、和白を中心にオリンピックを誘致しろ!
そしてバルサのユニホームの胸には「wajiro」(読みはワジロー)。

イカン頭ぐちゃぐちゃだ。
[PR]

by fez_maroc | 2005-07-19 01:03 | 【いろいろ】