<   2006年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2006年 11月 30日
クラブW杯遠征メンバー発表
うん、ぬかりないメンバー。
メッシ2世のドスサントスも入っとる。
OK,OK。


GK:バルデス、ジョルケラ、ルベン
DF:ベレッチ、マルケス、プジョール、ザンブロッタ、ジオ、エジミウソン、
   シウビーニョ、テュラム、オレゲール
MF:モッタ、チャビ、デコ、イニエスタ、マルク・クロサス
FW:グジョンセン、ジュリ、ロナウジーニョ、エスケーロ、サビオラ、ドス・サントス
[PR]

by FEZ_MAROC | 2006-11-30 12:23 | 【バルサ】
2006年 11月 30日
カルチョQ
同期であるcfhから以下のようなメールが届いた。

自信がないことはないが、
いろんなwebサイトを見ると世の中つわものはいっぱいいるので、
到底夢見るレベルには到達しないでしょう。

できることなら、
どの程度のクイズが出るのか知りたいもんだ。
それを見た上で出場を検討したいな。

っていうか、トヨタカップを合わせて2週連続東京行きになるじゃん!
お金どうすんの?

*********************************************************
お前なら、かなり行けるはず!
http://blog.skyperfectv.co.jp/soccerprogram/archives/2006/11/post_181.html
しかし、交通費は自腹らしい。。。
[PR]

by FEZ_MAROC | 2006-11-30 00:26 | 【サッカー洗脳】
2006年 11月 28日
ハルなりの意地と頑張り
最近ハルは「ごちそうさま」をしませんでした。
「ごちそうさましよう!」と私やハルママが声をかけても、
「いわない!」と拒んでました。

昨日ハルははっきりと「ごちそうさまでした」と言ったそうです。
うれしそうに何度も言ったそうです。

それまでは、
私とハルママが「ごちそうさまでした」というのに合わせて
「ごちばうわうわ」と発音していました。

ハルは私やハルママと同じように
「ごちそうさまでした」と発音したかったのではないでしょうか?
真似をしたかったけど、
出来ないことにもどかしさを感じて拒んできたのではないでしょうか?

最近言葉をよく真似します。
そして、言えることに喜んでいます。

「ごちそうさまでした」を拒んできたのは彼なりの意地であり、
言えるようになろうとする彼の頑張りだったのではないか?

これが私とハルママの結論でした。
[PR]

by FEZ_MAROC | 2006-11-28 12:38 | 【ハル】
2006年 11月 27日
初の男二人旅
企画系の部署にいながら、
小倉の支店で事務系総合職は私一人(営業の方はいますが)ですから
総務業務も担当します。
11月25日は支店の年1回の高圧電気点検の日。
私は立ち会わなければなりませんが、
PCはおろか、空調も照明も使えない状態になるので通常の仕事はできません。
ただ待つだけ。

土曜の午前中はハルママがお出かけするので、私がハルの面倒を見ることになっています。

以上のことから、
「新幹線に乗るぞ!モノレールは初めてだ!っていうか二人で遠出するの初めてじゃない?
男二人旅」を実行しました。

ハルママがこの話をしたらハルは楽しみにしていたようで、
当日朝は笑顔で出発。
しかしながら、朝が早いため電車に乗り遅れ、
電車に乗っている以外は全部私が抱っこする羽目になり、私の笑顔だけはすぐに消えました。

新幹線は以前従兄弟の結婚式で広島に行ったときに経験済みでしたが、
そのことはまだ新幹線という言葉も実物も知らないころだったので、
新幹線もモノレールも、到着している車両にすぐに乗らず、
新しくホームに入ってくる車両を二人で眺めてから乗車しました。
「ほら!ハル!新幹線来たよ!」
「しんかんしぇん きた!おっきいねえ」
「ほら!ハル!モノレール来たよ!」
「もーいぇーる きた!」
「新幹線は速いね」
「しんかんしぇん はやい!」
「あ!トンネルだ!」
「とんいぇる。おとうしゃん、はる」(窓が暗くなって私とハルが窓に映っていた)

こんな会話をしていました。

会社に着いて。
システム担当の先輩に相手してもらいながら時間を過ごしました。

停電になることを知らずに出社した取締役の方がハルに声をかけました。
取締役「こんにちは」
ハル「もーいぇーる」
私「モノレール乗ったね」すかさず通訳。
取締役「モノレール乗ったの?」
ハル「しんかんしぇん」
私「新幹線にも乗ったね」会話になっていないことに苦笑いしながら通訳。
取締役「新幹線乗ったの?」
ハル「うーん」

ちゃんと挨拶できるようにならなきゃね!

別の部長さん。
部長「こんにちは」
ハル「もーいぇーる」
私「モノレール乗ったね」すかさず通訳。
以下、繰り返し。

部長「いくつ?3歳?」
ハル「うん」
私「2歳だよね」
ハル「にー」

部長「お名前は?」
ハル「しんかんしぇん」

もうちょっとちゃんと会話できるようにならなきゃね!

部長にお菓子をもらい、取締役にヨーグルトをもらったハルは、
「おいしいね」を連発して2時間弱を会社で過ごしました。

帰りは少しお疲れになったようで、
執拗に抱っこをせがみました。
ということで、これまた行きがけ同様、ほとんど抱っこした状態で帰りました。
その途中も行き同様に、ホームに入ってくるモノレールや新幹線を二人で眺め、
顔を見合って行きがけと同じ会話を繰り返しました。

博多について地下鉄に乗った私とハルは並んで座りました。
ハルの体に手を回した状態でしばらくすると私は寝てしまい、
西新あたりで目覚めるとハルは私の太腿に完全に頭を預け爆睡しており、
私のズボンをヨダレで濡らしていました。

ハルママに車で向かえに来てもらい、
家に帰りついたのですが、
ハルはずーっと寝てました。

やっぱり疲れたんだね。お疲れさん!
でもね、お父さんも疲れたよ!

ハルママも少しは羽を伸ばせたかな?と思ったけど、
結局、家事とパン生地作りをしたらしい。
もうちょっと大きくなったらもっと時間稼げるようにがんばります。
[PR]

by FEZ_MAROC | 2006-11-27 19:54 | 【ハル家の一日】
2006年 11月 27日
好調なスタート
なんか今シーズンは、えらい失点しているように思えるし、
セビリアやマドリとのポイント差が少ないから良いとは思えなかったけど、
これまでの自己最高のスタートを切ったらしい。


以下、あるサイトの記事。
著作権?大丈夫だろ!


************************************************
25日のビジャレアル戦に勝利(4-0)したことで、
バルセロナは第12節を終えて29ポイント、31得点、10失点という、
2004-05、1990-91を上回る自己最高のスタートダッシュを切った。

バルサはここまで9勝1敗2分け。
第7節のレアル・マドリー戦(2-0)が唯一の敗戦である。
29ポイントは2季前、
そして1990年11月(当時の勝利は2ポイントだったが、
現在のシステムで計算すると29ポイントになる)の同時点と同じである。
[PR]

by fez_maroc | 2006-11-27 12:55 | 【バルサ】
2006年 11月 27日
2006-07 ビジャレアル戦イニボレー、ロニーオーバーヘッド
前半は苦しんだ試合だけど、
後半はやりたい放題の試合。

前半はピポテ(守備的MF)に入ったエジミウソンの運動量が少なく、
DFからのパスコースを作りにイニエスタが奔走。
2列目のイニエスタがDFの前まで下がってパスを受けにいくとなると、
2列目が一人減るから攻撃におけるキープ力が落ちて手詰まりになっていた。

この試合は、選手交代が面白かったね。

スタートは・・・
      グッディ
ロニー           ジュリ
    デコ     イニ
        エジ
ジオ  プジョ  リリアン ザンブ 

これに、FWのジュリに代えてMFのチャビ投入。
チャビは本来、デコ、イニ、エジのポジションに入るが、
どっこいジュリとの交代。

イニが前に出て、こうなった。

      グッディ
ロニー            イニ 
    デコ     チャビ
        エジ
ジオ  プジョ  リリアン ザンブ 

続いて、エジに代えてオレゲル。
本来センターバックor右サイドバックのオレゲル。
エジの居たピポテ(ボランチ)は経験ない。
この交代はびっくりしたよ。
どうなるのか想像がつかない。

こうなった。

       グッディ
ロニー            イニ 
    デコ     チャビ
        ジオ
ザンブ プジョ  リリアン オレゲル 

ピポテもこなすジオを、
左右のサイドをこなすザンブロッタの存在がなせる技。
けが人が多く、人が足りないこともあるだろうが、
センターバックとピポテをこなすマルケスを温存してターンオーバーをきっちりこなし、
動きの悪いエジを下げる。
効率的だ。
思いもよらぬ交代。やるなライカールト。

そしてもうひとつ。
驚くシーン。ロニーのオーバーヘッド。
チャビのパスを受け、それを胸でトラップしたあと身を反転させながらのオーバーヘッド。

これすごいよ。
完全にゴールを背にして胸トラップでボールを浮かせてのオーバーヘッドならよくある。
今回は右からのクロスを胸で浮かし、
飛び上がりと同時にゴールに背を向けてのオーバーヘッド。
体操でいうところの「1回ひねり」が入っている。
これはすごいね。

声を上げて興奮したよ。

それと、イニエスタのジャンピングボレーも興奮した。
この試合はロニーが好調だったけど、
やっぱりイニエスタだね。
彼には注目だ。


<バルセロナ>
ビクトル・バルデス、ザンブロッタ、プジョール、テュラム、ジオ、
エジミウソン(→オレゲール・77分)、デコ、イニエスタ、
ジュリ(→チャビ・67分)、ロナウジーニョ、グジョンセン(→エスケーロ、72分)

<ビジャレアル>
バルボサ、ハビ・ベンタ、フエンテス、シガン、アルアバレーナ、
マルコス・セナ(→ソモサ・88分)、ホシコ(→タッキナルディ・45分)、
カニ、マルコス・ガルシア、ホセ・マリ(→ギジェ・フランコ・45分)、フォルラン

<得点>
1-0 34分 ロナウジーニョ(バルセロナ)PK
2-0 54分 グジョンセン(バルセロナ)
3-0 69分 イニエスタ(バルセロナ)
4-0 87分 ロナウジーニョ(バルセロナ)
[PR]

by fez_maroc | 2006-11-27 12:52 | 【バルサ】
2006年 11月 24日
タンクトップの結婚式
タンクトップの結婚式に参加した。

彼の挨拶(披露宴と二次会)では、
ぼろぼろともらい泣きをしました。
結婚式では涙腺がゆるくなりました。

披露宴、二次会とも、本人たちはちっこいのに、
えらい大勢の方が出席して、
さらには古式ゆかしいというか、
祝舞なんかもあって盛大でした。

私は、新郎新婦両方と面識があるので、
二人をお祝いする気持ちいっぱいで参加したのですが、
目的は二次会のビンゴ。

新婦は手作り皮製バッグのオリジナルブランド(es)を立ち上げていて、
その手作りの作品が景品となっているのです。

気合入ったよ。でも全然ヒットせず。
とりあえず、会場の花を戦利品として持ち帰りました。

披露宴の参加者にあらかじめ「好きな曲1曲」をアンケートしていて、
それをCDにして二次会で配ってました。

全部で82曲。

私は坂本龍一のAQUAを選出。
貰ったCDを見ると、J-POPが多い。
いろいろな曲があったけど、
やっぱりポピュラーミュージックだね。

ミスチルは根強いね。
ケツメイシとかコブクロなんかもいまは強いんだろうね。

そんな中でAQUAは違った響きを持った曲として、
際立った光を放ってます。

要はね、自画自賛。

おっと、言い忘れた。
いい結婚式でした。
[PR]

by FEZ_MAROC | 2006-11-24 12:51 | 【いろいろ】
2006年 11月 24日
福岡と小倉
今日は福岡に出社。

不定期だけど、頻繁に福岡に出社している。
私の直の上司は福岡常駐なので、
”不定期”というのは彼にとっては私を呼びやすい形。

もうすぐ2ヶ月が経過します。
皆さんは「どうだ?福岡と小倉どちらがやりやすい?」
「小倉のほうが居心地いいだろう?」
と聞いてきます。

福岡は個人主義というか、
互いがあまり干渉しないというかんじ。
ま、私の場合、上司に振り回されつづけてたのでそうともいえないけど。
同じフロアで飲みにいくこともないし、
忘年会とかもそのフロアでは行わない。

小倉は家族的という感じ。
連携という意味ではやりやすいのかもしれない。
人に振り回されることはないしね。

ただね、どちらがいいかってのは判りません。
どちらもそれぞれ。
小倉に来れば福岡の悪いところなんかは良く見える。
でも小倉が完璧かといえばそうではない。

ただ1つ。
私が集団生活に向いていないというか、
協調性に欠けるということは確かなようだ。
[PR]

by FEZ_MAROC | 2006-11-24 12:41 | 【いろいろ】
2006年 11月 24日
C/L 楽観的に見てます。
現在グループリーグ3位。
上位2チームが決勝Tに進めるので、
ま、前回優勝者としてはピンチっていっちゃあピンチなんだけど、
なんとかなるっしょ!って気分です。

2位のブレーメンに2ポイント差で最終戦カンプノウで直接対決。
勝利のみがクリアの条件。

なんとかなるっしょ!って気分です。
[PR]

by FEZ_MAROC | 2006-11-24 12:31 | 【バルサ】
2006年 11月 21日
「わが子が一番かわいい」。これ常識。
会社の後輩「タンクトップ」の披露宴、二次会に参加した。
タンクトップの人柄がよく表れた式でした。
彼が涙ぐみながら挨拶する姿は、
1児の父でかつ白髪も見え始めた私には響くものがあった。

ところでだ。
その二次会で、会社の先輩がいきなりこんなことを言ってきた。
「やっぱり女の子がかわいいよ」
「fezのところは男の子だっけ?やっぱり女の子がかわいいよ」

この先輩には生後3ヶ月の女の子がいる。
かわいいと思うのは当然でしょう。
しかし、この発言はどうなんだ?
たいした発言でないと思う方は多いでしょう。

しかしだ。この先輩は上記のような発言を繰り返すのです。
私としては「女の子>男の子」=「先輩の子>ハル」と聞こえるのです。

要は自分の子が一番かわいいというのは共通しているのだが、
彼は「男の子はかわいくない」と、男の子のかわいさを否定しているのです。

自分の子がかわいいのはみんな同じ。
かといって、他の子供を否定するのはどうか?
うれしいのはよくわかるが、それは礼儀知らずでは?

私もハルがかわいいし、どの子供よりもイケメンで整った顔をしていると思っている。
かといって、他の子供が自分の子供よりかわいくないとは言わんよ。思ってても。

ま、結局、親バカ男が勝手に怒っているだけの話ではあるけど、
あんまりしつこく言われたから仕返し!

「先輩!確かにあなたに似た女の子です。
 しかし客観的にみてハルのほうがかわいいです。」
[PR]

by fez_maroc | 2006-11-21 12:54 | 【いろいろ】