2005年 03月 02日
音楽の話
以前ymoの話をした。
実はそれ以外に、ワールドミュージックを聴く。
といっても、コテコテのものは少なく、
現代風にアレンジされたものが多い。
例えば、deep forestとか。
そんな中、コテコテではないけど、
古いままのものでお勧めがある。
ブラジリアンオルガン奏者で、
ワルター・ヴァンダレイとエド・リンコルン。
有名らしいこの二人の曲のうちお気に入りは、
ヴァンダレイは「batucada」(これは本人の作曲ではない)。
エヂ・リンコルンは「cochise」。
ソフトロックっぽいけど、
意外にノリノリになります。
エヂ・リンコルンはコンピの中でしか聴いたことないので、
アルバムを買ってみようと思ってる。馬鹿っぽい曲調が多いらしい。
[PR]

by fez_maroc | 2005-03-02 12:22 | 【いろいろ】


<< 技の探求      願生此娑婆国土(ガンショウシ... >>